キットレンズって何?初心者さんのためのデジタル一眼まめちしき

キットレンズとは何か
今回は「キットレンズ」についての解説です。

キットレンズとは

カメラのボディとセットになって販売されているレンズのことを「キットレンズ」と言います。

簡単に言えば、カメラを買うときについてくるレンズのことです。

たとえば、Nikon D3400のボディとレンズのセットを買うと、「AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」というレンズがついています。


ニコン デジタル一眼レフカメラ・18-55 VR レンズキット D3400

この場合は、「AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」をキットレンズと呼びます。

ボディとレンズを別々に買うよりもお得

キットレンズとは何か 作例写真

カメラのボディとレンズがセットになったものを「レンズキット」「レンズセット」と呼びます。ボディとレンズを別々に買うよりも、お得な価格に設定されています。

これからデジタル一眼をはじめたい方や、最初に何を買ったらいいのか分からない方は、レンズキットを買えば、すぐにカメラをはじめられます。

どんなレンズが入る?

メーカーが自信を持っておすすめするレンズが、キットレンズとして入ります。

ほとんどの場合、便利で使いやすい「標準ズームレンズ」が入ります。

参考 標準ズームとは何か?

標準ズームレンズって何?知っておきたいデジタル一眼の基礎知識
標準ズームレンズとは、焦点距離50mmを中心に、広角から望遠までをカバーするレンズのことをいいます。 焦点距離は「35mm判換算」をし...

キットレンズが2つ入るセット

キットレンズとは何か セットで買うと別々に買うよりお得

ダブルレンズキット、ダブルズームキットのように、レンズが2本入るセットもあります。

ほとんどの場合、標準ズームレンズと望遠ズームレンズがセットになっています。

EOS Kiss X7を例にあげてみましょう。


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 ダブルズームキット EF-S18-55mm/EF-S55-250mm付属

EOS Kiss X7のダブルズームキットには、「標準ズームレンズ EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」と「望遠ズームレンズ EF-S55-250mm F4-5.6 IS II」が同梱されています。

こうした場合もそれぞれのレンズをキットレンズといいます

望遠ズームレンズがあれば、標準ズームレンズでは難しい距離をカバーできます。運動会や発表会などの撮影にも重宝します。

単焦点レンズとのセットも


Nikon ミラーレス一眼 Nikon1 J5 ダブルレンズキット

中には、Nikon1 J5のダブルレンズキットのように、標準ズームレンズと単焦点レンズがセットになったものもあります。

こうしたセットに入る単焦点レンズは、ぼかしやすいものが多く、一眼らしいボケ味をたのしむことができます

参考 単焦点レンズは写真がもっとたのしくなるレンズ

参考 明るいレンズってどういうレンズ?

まとめ

今のキットレンズはどれも使いやすく、どのメーカーのものも非常にいいセレクトになっています。

入門用というイメージのあるキットレンズですが、使っていくと実によく出来たレンズということがわかってきますよ。

1/23(火)デジタル一眼のきほんがわかる教室 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、1月は「デジタル一眼 きほんのき」です。 毎回好評のどなたでもかんたん&たのしくデジタル一眼のき...