中望遠レンズってどんなレンズ?

中望遠レンズとは焦点距離がだいたい85~135mmあたりのレンズのことを「中望遠レンズ」といいます。

この分類には厳密な定義があるわけではなく、「だいたいこのぐらいの焦点距離」という目安で語られます。

「70~105mm」「70~135mm」あたりを中望遠レンズとする場合もあります。

適度に狭い画角が魅力

中望遠レンズは「肉眼でみた光景」よりも狭い範囲が写ります。この「適度な狭さ」が大きな魅力で、スナップやポートレートなどにも多く使われています。

中望遠レンズ 作例画像

中望遠レンズは、人物撮影に多く使われることも多く、「ポートレートレンズ」と呼ばれることもあります。

明るいレンズって何?F値とレンズの明るさの関係
「このレンズは明るい」「2本目のレンズは明るいレンズがおすすめ」といった言葉を聞いたことがある人も多いと思います。 今回は「明るいレン...

まとめ

中望遠レンズは、位置づけとしては「標準レンズと望遠レンズの中間」にあたりますが、この画角ならではの魅力があります。「いかに切り取るか」が面白いレンズですよー。

タテ構図で撮ってみよう。
デジタル一眼レフ・ミラーレス一眼の初心者さんにぜひオススメしたいのがタテ構図での撮影です。 タテ構図とは タテ構図とは、カメラを縦にして...