「1段絞る」って何?

絞り値(F値)の1段絞るとは

よく使われる言葉に「○段絞る」というものがあります。「このレンズは1段絞ると~」「開放から1段絞ったぐらいが~」など、様々な場面で使われています。

「○段絞る」の○段は、F値(絞り値)のことで、次のように考えます。

「1段絞る」とは

まずF値の並びをみてみましょう。

F1.4 F2 F2.8 F4 F5.6 F8 F11 F16 F22 F32

この並びで、小さいほうから大きいほうに1ついくことを「絞りを1段絞る」といいます。

たとえば、F1.4から1つ大きいほうにいくとF2になります。F1.4から「1段絞る」とF2になる、というわけですね。

1段絞ると何が変わる?

1段絞ると、明るさと被写界深度が変わります。

1段絞ると光量が1/2になる、つまり明るさが半分になります。そして、ピントが合っているように見える範囲が広く(被写界深度が深く)なります。

小さいほうに1段階かえるのは?

F値(絞り値)を小さいほうに1段階変えることを「絞りを1段開く」といいます。

1段開くと光量が2倍になり、ピントが合っているように見える範囲が狭く(被写界深度が浅く)なります。1段絞った場合の逆ですね。

まとめ

「絞り値を1段大きくする、小さくする」といった表現をすることもあります。よく使われる言葉なので、知っておくと便利ですよー。