レリーズ(リモートレリーズ)とリモコンについて知ってみよう

レリーズ、リモコンについて

三脚を使った撮影に便利なアイテムに、レリーズ(リモートレリーズ)やリモコンがあります。

どちらも、カメラに直接触れずにシャッター操作ができるアイテムです。

レリーズとリモコンの違い

レリーズとリモコンは次のような違いがあります。

【レリーズ】コードあり、カメラにつないで使う

【リモコン】コードなし、遠隔操作ができる

※このような区別をすることなく、リモコンを含めて「レリーズ」と呼ぶこともあります。

様々なタイプのものがありますが、基本的にはレリーズのほうがカメラのシャッターボタンに近い機能を持つものが多い傾向にあります。

そうしたタイプのものは、カメラで撮るのと同じような感覚で撮ることができます。

なぜレリーズやリモコンが必要なの?

カメラのシャッターを指で押すと、その振動がカメラに伝わります。それは三脚を使っても同じで、そうした振動が写真のブレにつながります。

そのため「カメラに直接触れずにシャッターを切る」ことが必要になってきます。

そこで、レリーズとリモコンです。カメラに直接手を触れることなくシャッター操作ができるので、ブレが防げる、というわけですね。

まとめ

レリーズとリモコンは主にブレを防ぐために使うアイテム、ということですね。もちろん、カメラから離れた場所でシャッターを切るという使い方もできますよ。

デジタル一眼のセルフタイマー2秒はどう使う?
デジタル一眼のセルフタイマーをみると、2秒という設定があります。 普通のセルフタイマーの感覚だと「2秒って早すぎじゃない?」と...