【実写レビュー】TAMRON SP AF90mm F2.8 Di MACRO 1:1(272E)

TAMRON SP AF90mm F2.8 Di MACRO 1:1(272E)を購入しました。

やわらかな描写と「タムキュー」の愛称で人気のマクロレンズです。というわけで、さっそくレビューをしてみましょう。

TAMRON SP AF90mm F2.8 Di MACRO 1:1(272E)

TAMRON SP AF90mm F2.8 Di MACRO 1:1(272E)は、レンズメーカーのタムロンが出している中望遠のマクロレンズです。

マクロ撮影では等倍撮影が可能で、マクロ以外でもポートレートや風景撮影でよく使われているレンズです。

キヤノン用、ニコン用、ペンタックス用、ソニー用があります。

主なスペックは次の通りです。

焦点距離 90mm
開放F値 F2.8
レンズ構成 9群10枚
絞り羽根枚数 9枚
最短撮影距離 0.29m
最大撮影倍率 1:1
全長 105.4mm(レンズ先端から後端部まで)
重さ 約400g
フィルター径 55mm

レンズの型番は「272E」で、どのメーカー用かによってEのあとにつく文字が変わります。

272EP:ペンタックス用

272EE:キヤノン用

272ENII:ニコン用

272ES:ソニー用

今回はPENTAX K-70用に購入したので、272EPとなります。

実写レビュー

さっそく身近なものを撮ってみました。

TAMRON SP AF90mm F2.8 Di MACRO 1:1(272E) 作例まずはねこのポーチです。

ピントの合っている部分はシャープに描写し、そこからはずれるにつれて非常にやわらかくボケていきます。

写真がもっとたのしくなる!アウトフォーカスについて知ってみよう
アウトフォーカスとは、ピント範囲からはずれてボケている部分(または状態)のことをいいます。 こうしたピントが合っていない部分も...

TAMRON SP AF90mm F2.8 Di MACRO 1:1(272E) ボケ方についてつづいては、UFOキャッチャーでとった人形です。

これもピント部分はシャープで、そこからとろけるようにボケています。

ポートレート用としても親しまれてきたレンズだけあって、肌の部分は特にですが、やさしくやわらかく写ります。

TAMRON SP AF90mm F2.8 Di MACRO 1:1(272E) 画像つづいては、小さな車の置き物。

こうした角度で撮ると、それなりに絞ってもまだまだボケます。

こうしたものを撮ると、描写がやわらかいだけでなく、やわらかさの中にも芯があることがわかります。

今回の撮影環境

今回はPENTAX K-70につけて撮影しました。

K-70(APS-C機)につけると、35mm判換算で135mm相当の画角になります。

ピント合わせは、マニュアルフォーカス&ライブビューを使うと、非常に合わせやすい印象です。

リモコンは、前に紹介した119円のものを使ってみました。ちゃんと撮れましたよー。

119円で売っているリモコンは使えるのか?K-70でためしてみた
PENTAX K-70に使えるリモコンが、Amazonで 119円で売っていました。 もちろん純正品ではなく互換品ですが、面白そうなの...

まとめ

タムキューことTAMRON SP AF90mm F2.8 Di MACRO 1:1(272E)のレビューでした。

撮っていてたのしいレンズですよ。おすすめ!

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

中古でカメラを買ってみよう。中古カメラの上手な買い方
写真を撮るのがたのしくなってくると、いろいろな機種に興味が出てきます。そんなときは、中古のカメラもチェックしてみましょう。 上...
11/21(火)おでかけ写真教室 in フラワーパーク江南 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、11月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 パーク内を歩きながら、雑貨や花の撮影をたのし...