「手ぶれ」にはどんな種類がある?角度ぶれ、シフトぶれ、回転ぶれについて知ってみよう

今回は、「手ぶれ」の種類についてみていきましょう。

どんなぶれがあるのかを知っておくと、手ぶれしやすい場面でも対策がしやすくなります。

角度ぶれ

シャッターボタンを押す際に、カメラが前または後ろに傾いたり、または左右に振れることで起こるブレです。

手ぶれの中でも、最も起こりやすいブレです。

「ピッチ」「ヨー」という言葉を使って表現する場合もあります。「手ぶれ」の種類 角度ぶれ 解説画像

シフトブレ

カメラのボディが、上下左右に平行に動くことで起こるブレのことをいいます。

「手ぶれ」の種類 シフトぶれ 並進ぶれ 解説画像撮像素子に対して平行に動くことで起こり、「並進ぶれ」とも呼ばれます。

回転ぶれ

レンズを中心にして、カメラが回転して起こるブレのことを回転ブレといいます。

「手ぶれ」の種類 回転ぶれ 解説画像シャッターボタンを押した時に、カメラの片方が下がるなど、カメラが回転(ロール)することで起こるブレです。

まとめ

今回は3つの手ぶれについて解説しました。

手ぶれ補正のあるカメラやレンズでも、手ぶれしないように撮ることで、より効果を発揮します。

手ぶれ補正の有無に関わらず、知っておいて損のない知識ということですね。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

「手ぶれ補正 シャッタースピード○段分」ってなに?
手ぶれ補正の効果を表すのに「手ぶれ補正 シャッタースピード○段分」という言葉があります。 ざっくり言うと、○に入る数字が大きい...
「手ぶれせずに撮れるシャッタースピードの目安」を知ってみよう
手ぶれせずに撮れるシャッタースピードの目安は、 「35mm判換算をしたレンズの焦点距離」分の1以下 といわれてい...
1/23(火)デジタル一眼のきほんがわかる教室 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、1月は「デジタル一眼 きほんのき」です。 毎回好評のどなたでもかんたん&たのしくデジタル一眼のき...