レンズメーカー製のレンズにはどんな特長がある?


デジタル一眼は、メーカー純正の交換レンズのほかに、レンズメーカー製のレンズも使うことができます。

レンズメーカーは「サードパーティー」とも呼ばれ、各カメラメーカーのレンズラインナップをより充実したものにしてくれています。

シグマ、タムロン、トキナー、コシナといったメーカーが有名です。

レンズメーカー製のレンズ

レンズメーカー製のレンズは、マウントが対応していれば純正レンズと同じように使えます。

レンズマウントって何?
カメラとレンズを接続する部分のことを「マウント」といいます。 カメラのこの部分がマウントです。 メーカー別の主なマウント 各メーカ...

レンズメーカー製のレンズの主な特長は

・純正のレンズよりも安く買える

・純正ではカバーしていない画角のレンズがある

・純正レンズとは違った個性がある

といったものがあります。

では、くわしくみていきましょう。

純正のレンズよりも安く買える

サードパーティー製のレンズのほとんどは、純正のレンズよりも安く買うことができます。これは、生産体制に理由があります。

レンズメーカーは、1つのレンズをベースに「キヤノン用」「ニコン用」「ペンタックス用」といった形で、各カメラメーカー用のレンズとして販売しています。

これは、カメラとの接続部分など各メーカー専用のところ以外は共通化できるためです。

そのため、多くのユーザーを対象にすることができ、量産もできる→販売価格をおさえることができる、というわけですね。

近い性能でも、純正とは万単位の価格差があることも。

純正ではカバーしていない画角のレンズがある

純正では展開していないラインアップをたのしめるのも、レンズメーカー製のレンズの特長です。

これもコスト的な話になるのですが、カメラメーカーでは「販売数が見込めないレンズは製品化しにくい」という現実があります。

が、サードパーティーでしたら、カメラメーカーの壁を越えた商品展開ができますので、純正では出しにくいレンズも製品化しやすくなります。

純正とは違った画角のレンズがたのしめるのは、こうした理由からきています。

純正レンズとは違った個性がある

純正レンズとは違った個性がたのしめるのも、サードパーティー製レンズの特長です。

特に描写はメーカーそれぞれに特長があり、シャープさを売りにしたものややわらかさを売りにしたもの、ボケ具合の個性など様々な味がたのしめます。

TAMRON SP AF90mm F/2.8はやわらかい描写が特長です。ピント部分はシャープで、なだらかにボケていきます。

まとめ

純正レンズも魅力ですが、レンズメーカー製のレンズもいろいろ特長があり、使ってみるととてもたのしいですよ!  純正にはない部分を補っているのも面白いところですね。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

レンズマウントって何?
カメラとレンズを接続する部分のことを「マウント」といいます。 カメラのこの部分がマウントです。 メーカー別の主なマウント 各メーカ...
1/23(火)デジタル一眼のきほんがわかる教室 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、1月は「デジタル一眼 きほんのき」です。 毎回好評のどなたでもかんたん&たのしくデジタル一眼のき...