ぼかす?ぼかさない?撮影意図にあわせてF値を決めよう

F値の決めかた ぼかす?ぼかさない? 作例写真

デジタル一眼にはぼかすたのしみがあります。

ついつい何でもぼかしたくなってしまいますが、今回は「ぼかす?ぼかさない?」をテーマにF値の決め方について考えていきたいと思います。

ぼかすと主役がはっきりする

F値の決めかた 背景をとろけるようにぼかす 作例写真

写真はノゲイトウです。背の高いものを主役と考えてピントをあわせました。それにより、まわりがボケて主役が際立っています

また、この写真では背景にも注目です。

背景がライトグリーンっぽい感じになっていますが、これは葉っぱや草の色です。ぼかすことによって、ライトグリーンのバックになっています。

このように「主役を際立てる」という意図を持つと、F値が決めやすくなります。

どう撮るかによってもボケ方が変わります

同じレンズで同じF値でも撮り方によってボケ方が変わります。

たとえば、このちっともかわいくないオブジェ

F値の決めかた あまりぼけない例 作例写真

正面から撮ると、上のような感じになります。目にピントをあわせていますが、ピントは面に合うため、顔全体もはっきりみえます。

オブジェと背景との距離も近いため、さほどボケを感じられません。

次は角度を変えてみます。

F値の決めかた 角度によってボケ方が変わります 作例写真

あいかわらずかわいくないオブジェですが、手前の目とは、面が違う部分がボケているのがわかると思います。背景も最初の写真に比べると、ずいぶんとボケています。

カメラ(レンズ)と被写体との距離が近いほうがボケやすくなります。

上の2枚の写真は、同じレンズで同じF値で撮っています。

ぼかしやすいレンズ、ぼかしやすいと言われるF値でも、撮る状況によってボケ方が変わってきます

「F値がいくつだからボケる」というよりも、そのシーンにあった撮り方やぼかし方を探すようにするとたのしいですよ。

どこまでぼかすか

どこまでぼかすかも1つの考えどころです。

F値の決めかた どこまでぼかすか 作例写真

たとえば、この写真では悪そうな人が銃を向けられて、たじろいでいます

「ひっ、お、俺じゃねえよ」といった感じでたじろいでいる、そんなシーンをイメージして撮ったものです。

この写真、手前の人物はぼけていますが、銃まで完全にぼかしてしまうと、この悪そうな人が何にたじろいでいるのか分からなくなってしまいます。

「銃を構えている人が誰か」も一緒に見せたい場合は、手前の人物のボケ具合も考えるようにします。

このように、コンセプトにあわせてぼかし方を考えるのも写真の面白いところです。

F値の決めかた ぼかす?ぼかさない? 作例写真

この写真では、主役を中心に、まわりの花が分かる程度にぼかしています。花の並びがおもしろかったので、それを出したかったためです。

背景は、花以外がみえなくなるようにぼかしています。

次回につづきます

デジタル一眼を買うと、ついついぼかしたくなりますが、ぼかし方を考えるとより写真を撮るのがたのしくなります。この項目、次回につづきます。

ぼかす?ぼかさない?撮影意図にあわせてF値を決めよう
デジタル一眼にはぼかすたのしみがあります。 ついつい何でもぼかしたくなってしまいますが、今回は「ぼかす?ぼかさない?」をテーマ...

参考リンク 明るいレンズとF値のカンケイ

明るいレンズって何?F値とレンズの明るさの関係
「このレンズは明るい」「もっと明るいレンズがほしい」なんて言葉を耳にしたことのある人も多いと思います。初心者さんにとってはちょっとわ...