写真のコントラストについて考えてみよう

写真のコントラストについて考えてみよう コントラスト強めカメラの設定に「コントラスト」の項目があります。これを+(プラス)にすると、コントラストを強めた写真が撮れます。

今回は「コントラスト強め」について考えていきます。

「コントラスト強め」を考える

写真のコントラストについて考えてみよう コントラスト強 作例画像コントラストを強めると、写真にメリハリがつくとともに、硬さも出ます

硬そうなものや金属などを普通に撮ってしっくりこない時は、コントラストをやや強めにすると味が出ることがあります。

写真はだるま落としのだるまさんです。頑固そうなだるまさんだったので、頑固そうに撮ってみました。

写真のコントラストについて考えてみよう コントラスト 紅葉色の差がはっきりしている場面では、コントラストを少し強めにすると雰囲気が出やすくなります。画面にメリハリがつきます。

写真のコントラストについて考えてみよう ドール撮影 プーリップ 画像明るさを抑えた場面でコントラストを強めにして撮ると、画面が締まった印象になります。落ち着いた雰囲気が出ます。

参考 撮影意図について考えてみよう

写真のコントラストについて考えてみよう コントラストわずかに強く人工物や直線のあるものは、コントラストをやや強めにすると雰囲気が出やすくなります。

写真のコントラストについて考えてみよう 昆虫をコントラスト強めで撮ってみる種類にもよりますが、コントラスト強めで撮ると、面白い味が出る昆虫もいます。

こんな撮り方 三脚を使ってみよう

日差しや色合いに注意

写真のコントラストについて考えてみよう 日差しの強い日のコントラスト日差しが強い時は、何もしなくても明暗差がくっきりとした写真になりがちです。

そこで「コントラスト強め」で撮ると、どぎつい描写になってしまうことがあります。

そんな時は、あらかじめコントラストを下げて撮るとほどよい強さになります。

写真のコントラストについて考えてみよう 日差しの強い日のコントラストコントラストを強くすると、白と黒が強まります。白はより白く、黒はより黒くなるわけですが、白とびや黒つぶれが起こりやすくなります

コントラストを変えて撮る時は、そのあたりも考えながら設定するようにします。

コントラストの強めすぎに注意

写真のコントラストについて考えてみよう コントラストの強めすぎに注意コントラストを強めるとメリハリがつきますが、あまりに強めすぎると、色の差が極端になった写真になってしまいます。

派手でくっきりとした印象になることから、見映えを追及してついやりすぎてしまうことがありますので、注意が必要です。

写真のコントラストについて考えてみよう ねこのゾンビ 画像コントラストを強くしすぎて、モンゴリアンデスワームみたいな顔になってしまった1枚です。毛並みも硬そうで、目を覚ましたねこのゾンビのようにもみえます。

これはこれで面白いですが、ねこのやわらかさはちっとも出ていません。コントラストを強くすると、メリハリがつく分、やわらかさが飛んで硬い感じに写ります。

硬さが出やすい表現ですので、やわらかさを出したい時は、コントラストを下げるほうが雰囲気が出ます。

まとめ

今回は「コントラスト強め」についてのお話でした。機種によっては、最初からコントラストが強めに写るものもあります。

撮影意図のほか、光の加減、天候によってもコントラストは変わってきますので、いろいろ考えながら撮るとたのしいですよ。