カメラの構え方の「3点支持」って何?

カメラの構え方の「3点支持」って何?

カメラの構え方に「3点支持」という考え方があります。今回は、3点支持をテーマにお話していきます。

3点支持とは

カメラの構え方の「3点支持」って何? 1点支持、2点支持、3点支持について

3点支持とはカメラを支えるポイントの数のことです。

具体的には

1点支持:片手でカメラを持つ
2点支持:両手でカメラを持つ
3点支持:両手でカメラを持ち、顔につける

と考えます。

支えるポイントが増えるほどカメラが安定して、ブレにくくなるという考えです。

ファインダー撮影では、この3点支持が構え方の基本になります。

両手の力の割合は、右手のほうに重点を置くイメージです。

関連記事 手ぶれせずに撮れるシャッタースピードの目安を知っておこう

ライブビュー撮影は2点支持

カメラの構え方の「3点支持」って何? ライブビュー撮影は2点支持

ライブビュー撮影の場合、顔にカメラをつけませんから、両手でカメラを持って撮る2点支持になります。

3点支持より支えるポイントが減るため、手ブレしやすくなります

対策としては

・脇をしめて、両手でカメラをしっかり持つ

・壁に寄りかかるなどして、支えるポイントを増やす

といった方法で安定感を出すようにします。

脇は軽くしめるぐらいがちょうどいいかと思います。

この対策はもちろん3点支持のときにも有効です。よりカメラが安定して、ブレにくくなります。

一脚

支えるポイントを増やすための機材に「一脚」があります。

一脚は、三脚と同じような役割と思われがちですが、実は、単独でカメラを支えられる三脚とは性質が大きく違っています。

手持ち撮影の際に、カメラを支えるポイントを増やすのが一脚です。

関連記事 一脚があれば三脚のかわりになる?

まとめ

どれもちょっとしたことですが、意識するだけでかなり違いが出てくると思います。特に、手ぶれに悩んでいる人はぜひ参考にしてみてくださいね。