カメラとは真逆!「実際の色温度」について知ってみよう

実際の色温度は、カメラの色温度設定と真逆です

カメラの色温度設定は、数字を上げると黄色み・赤みが強くなり、数字を下げると青みが強くなります。

が、実際の色温度は、その真逆になります。

【実際の色温度】

高くなる・・・青みが強くなる

・低くなる・・・黄色み、赤みが強くなる

そう、カメラの色温度設定と正反対なのです。

カメラの色温度設定と、実際の色温度をごっちゃにしないように注意!ということですね。

実際の色温度は「炎」をイメージ

実際の色温度は「炎」をイメージするとわかりやすいです。炎はものすごく高温になると青白くなりますよね。赤っぽい炎より、青白い炎のほうが高温。

色温度はこのイメージで考えます。「色温度が高いと青みが強くなる」というわけですね。

なぜカメラの色温度は反対なの?

カメラの色温度設定が反対の理由

カメラの色温度設定は、いろいろな使い方ができますが、もともとは「正常な色味に近づけるため」の機能です。

たとえば、青みが強い場合は、赤みを強くすると正常な色味に近づきます。真逆の補正をして打ち消す、というわけですね。

実際の色温度と、カメラの色温度が反対になっているのは、そういう意味からです。

実際の色温度

実際の色温度の目安は次の通りです。

・ロウソクの光 2000K

・白熱電球 3000~3500K

・太陽光下 5200K

・日陰 7500K

・快晴の青空 10000K

色温度を表すK(ケルビン)が高くなるほど、青みが強くなっていくことがわかりますね。

ちなみに、カメラの色温度設定を10000Kにして撮ってみると、

カメラの色温度設定 10000K

黄色っ!とても黄色み・赤みが強い感じになります。

まとめ

真逆でややこしいですが、カメラの色温度設定と「実際の色温度」をごっちゃにしないように注意しましょう。実際の色温度がわからなくなった時は、「炎」をイメージですよ!

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

カメラの「色温度」設定はどう使う?たとえばこんな使い方
写真を撮るときに「ほんの少しあたたかみをだしたい」「ちょっと冷たい感じにしたい」―そんな時に便利なのが、色温度設定です。 色温度とは色...
カメラのピントってどこに合うの?ピントとボケの密接な関係
写真はピントの合った部分とボケた部分でできています。 基本的に、ピントを合わせた1点(1つの面)以外はボケて写ります。どんなにシャープ...
1/23(火)デジタル一眼のきほんがわかる教室 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、1月は「デジタル一眼 きほんのき」です。 毎回好評のどなたでもかんたん&たのしくデジタル一眼のき...