メモリーカードを長く使うコツ

メモリーカードを長く使うコツメモリーカードには寿命があります。ですが、次の2点を気をつけるだけで長く使うことができます。

・メモリーカードには記録に集中してもらう

・記録以外の処理で負担をかけない

これだけではちょっとわかりにくいですよね。

具体的に何をどうしたらいいのか見ていきましょう。

カメラで編集しない

メモリーカードを長く使うには、カメラで削除や編集をしないことが大切

ミスをした写真って消したくなりますよね。でも、カメラで画像を削除すると、メモリーカードに負担がかかります。

頻繁にやると、カードの劣化が早まりますので、なるべくしないようにしましょう。

編集も同じです。画像の削除や編集は、家に帰ってから!ということですね。

カード内のデータを直接編集しない

カード内のデータを直接編集したらダメです

パソコンを使う場合も、メモリーカード内のデータを直接編集するのはNGです。

カード内のデータを直接編集すると、カードの劣化を早めるだけでなく、データの不具合や破損が起こる場合があります。

編集の仕方

写真のデータは、メモリーカードから他の媒体にコピー(または移行)したものを編集します。

・メモリーカードのデータをハードディスクにコピー(または移行)する

・そのデータを編集する

ようにします。

まとめ

ちょっとしたことを気をつけるだけで、メモリーカードの劣化をおさえて長く使うことができます。ミスをしたらすぐに消したくなりますが、そこはガマンですよ!

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

SD、SDHC、SDXCの違いはなに?メモリーカードの規格を知ってみよう
メモリーカードには、SDやSDHCやSDXC、CLASSとかUHSとか、いろいろな表記があって、ややこしく感じる人も多いと思います。...
こんな時、メモリーカードのフォーマット(初期化)は必要?ケース別に解説します
メモリーカードを使うときにフォーマット(初期化)が必要かどうかで迷っている方も多いと思います。今回は、ケース別にフォーマットが必要か...