「撮って出し」「JPEG撮って出し」って何?

 「撮って出し」「JPEG撮って出し」 解説画像

「撮って出し」「JPEG撮って出し」という言葉があります。

これは「撮った写真を、補正や加工せずにそのまま出しています」という意味です。

撮って出しには、大きく分けて次の2つの意味があります。

カメラの性能の目安になる

 「撮って出し」と補正・加工された写真の違いたとえばカメラの性能を知りたいとき、知りたいのは「普通に撮って、どんな写真が撮れるのか」ということですよね。

でも、今は補正をして仕上げる人も多いですから、写真を見せられても、その機種で「普通に撮るとどうなるか」はわからないわけです。

そこで重宝するのが「撮って出し」の写真です。

加工も何もされていませんから、そのカメラの性能のほどがわかりやすくなるんですね。

気楽に写真をみせたいに時にも

「撮って出し」は、気楽に写真をみせたい時にも使われます。

レタッチ(写真の補正や加工)には手間がかかりますから、そういうことは気にせずに楽にいこうよ、というわけです。

見る側も「撮って出し」と言われたら、そういう目でみますから、お互い気楽に写真をたのしむことができます。

そのほかの使われ方

そのほか、「ま、本気出さなくてもこんなものかな」「撮って出しでも、ここまでできる私すごい」という意味で使われることもあります。

時と場合によっては、腹黒く思われることもあるので、この使い方は注意が必要です。

まとめ

「撮って出し」の写真は手が加わっていない分、補正や加工のされたものに比べて、地味にみえることがあります。

ですが「そのカメラでどんな写真が撮れるのか」が一番よくわかるものですので、カメラ選びの際にはぜひ注目ですよ!

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

SD、SDHC、SDXCの違いはなに?メモリーカードの規格を知ってみよう
メモリーカードには、SDやSDHCやSDXC、CLASSとかUHSとか、いろいろな表記があって、ややこしく感じる人も多いと思います。...
1/23(火)デジタル一眼のきほんがわかる教室 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、1月は「デジタル一眼 きほんのき」です。 毎回好評のどなたでもかんたん&たのしくデジタル一眼のき...