レンズの保護フィルターの選び方を知ってみよう

フィルター径の見方 解説画像

カメラを買ったら、レンズの保護フィルターも一緒に買っておくと安心です。

今回は、保護フィルターの選び方をみていきましょう。

レンズの保護フィルターとは

まずレンズの保護フィルターの役割からみていきます。

レンズの保護フィルターは、「レンズガード」「レンズプロテクター」とも呼ばれる、レンズをキズや汚れから守ってくれるアイテムです。

このような形状をしています。

リング状のものがレンズの保護フィルターです。枠の中には、ガラスがはめこまれています。

これをレンズの表面につけると、カメラのレンズが直接外気に触れることがなくなるため、キズや汚れから守ることができるしくみです。

ちなみに左側にあるのはケースで、表面が傷つかないようにパッケージされています。

レンズの保護フィルターの選び方

レンズの保護フィルターは、1つ買えばどのレンズにつけられるというわけではなく、レンズごとにきまっている「フィルター径」にあわせて買います。

フィルター径の調べ方は2つあります。

1・レンズの仕様表をみる

2・レンズ本体で「φ」と書かれている部分をみる

まずは、レンズの仕様表をみる方法から解説します。

レンズの仕様表でフィルター径をみる

レンズの仕様表は、カタログやメーカーの公式サイト、その商品を扱っているショッピングサイトでみることができます。

たとえば、このような形で書かれています。

画像出典:JOSHIN WEBショップ

フィルター径は「フィルターサイズ」と表記されている場合もあります。

レンズの保護フィルターを探す時は、この数字と同じものを探します。この場合でしたら、58mmの保護フィルターを探す、ということですね。

レンズキットの場合は、たとえばEOS Kiss X9でしたら、X9のページではなく、「レンズ」のページをみると仕様表がみられます。

参考リンク EF-S18-55mm F4-5.6 IS STM 仕様ページ

レンズ本体でフィルター径をみる

つづいては、レンズ本体でフィルター径をみる方法です。

レンズをみて、「φ」という記号を探します。

この「φ」のあとの数字がフィルター径です。

たとえばフィルター径が58mmのレンズでしたら、「φ58mm」または「φ58」と書かれています。

フィルター径の見方 解説画像

このような形で書かれています。この場合はフィルター径が52mmですので、レンズの保護フィルターも52mmのものを探します。

レンズの保護フィルター 値段の違い

レンズの保護フィルターをみると、同じサイズのものでも安価なものと高価なものがあります。

どちらがいいか迷っている方も多いと思うので、解説していきましょう。

保護フィルターを考えるための前提条件

まず前提条件として、どのレンズでも「レンズの前面に何もつけない」のがいちばんいい写りをします。

つまり、保護フィルターをつけると、それよりも写りが落ちるというのが前提条件です。

そう、

保護フィルターをつける = レンズの前に余分なガラスをつける

ということなんですね。

値段で何が変わるのか

余分なガラスがあることで、写りが落ちる、フレアが出やすくなるなどの弊害が出ます。

ここで「なぜ価格差があるか」の話に戻ります。

高価なものになるほど、その影響をより抑えられるようになります。「レンズの前面に何もつけない」状態により近づきます。

これが価格差の理由です。

ただ、どれだけ高価なものをつけても、余分なガラスをつけることにはかわりありませんので、写りには少なからず影響があります。

保護フィルターをつけた後も、レンズキャップはつけられる?

基本的にレンズの保護フィルターをつけたあとも、レンズキャップはそのままつけることができます。

ただ、保護フィルターのタイプによっては、レンズキャップを浅めにしかつけられない場合もあります。

まとめ

中には、ふだんは保護フィルターをつけていて、ここぞという時にはずしてレンズのMAXの性能で撮るという人もいます。

というわけで、レンズの保護フィルターの選び方でした。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

マクロレンズで水滴を撮る
カメラに慣れてきたら、マクロレンズで作品の幅を広げてみませんか? マクロレンズがあると、特別な場所に行かなくても身近なところで被写...
11/21(火)おでかけ写真教室 in フラワーパーク江南 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、11月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 パーク内を歩きながら、雑貨や花の撮影をたのし...