色温度って何?カメラで色温度を設定すると何ができるの?

色温度って何?デジタル一眼では、色温度の設定ができます。色温度の設定を変えると、写真の色味が次のように変わります。

・数字を大きくする → 黄色み・赤みが強くなる

・数字を小さくする → 青みが強くなる

写真の色味が微調整できるので、興味がある人はぜひ使ってみましょう。

カメラの「色温度」設定はどう使う?たとえばこんな使い方
写真を撮るときに「ほんの少しあたたかみをだしたい」「ちょっと冷たい感じにしたい」―そんな時に便利なのが、色温度設定です。 色温度とは色...

色温度設定とは

カメラで写真を撮ると、実際とは違った色合いで写る場合があります。

ちゃんとした色に近づけたい・・・そんな時に使えるのが色温度設定です。

たとえば、赤みがかって写る時は、青みを強くして撮ると、正常な色に近づきます。青みがかって写る時は、その逆ですね。赤みを強くして撮ります。

色温度設定を使うと、その加減を自分で調整することができる、というわけです。

青みが強い写真 赤み・黄色みがほしい青みが強いときは、カメラの色温度設定を高くして、赤み(黄色み)を強くして撮ります。

青みが強い写真に赤み・黄色みをプラス赤みを強めることによって、青みが打ち消されました。実際の撮影では、色温度を微調整をしながら撮って、理想の色合いに近づけていきます。

色温度設定の使い方

色温度設定は、写真の色合いを演出したり、自分のイメージに近い色を作るために使うこともできます。

色温度について 実物の色に近づける役割 作例
数値が細かく設定できるので、記憶色に近い色で撮りたいときも有効です。

撮った時と色が違う気がするのはなぜ?「記憶色」について知ってみよう
撮った写真を見て「なんだか色が違う・・・」と思ったことはありませんか。 もしかしたら、それは「記憶色」が原因かもしれません。 記憶色...

色温度設定 好きな色をつくる 作例
色温度を変えることで、実際とは違う色合いで撮ることもできます。カラーフィルターのような感覚で、自分なりの色をつくって楽しむこともできます。

まとめ

今回は色温度についての解説でした。色温度設定を使うと、写真を撮るのがよりたのしくなりますよ!

カメラとは真逆!「実際の色温度」について知ってみよう
カメラの色温度設定は、数字を上げると黄色み・赤みが強くなり、数字を下げると青みが強くなります。 が、実際の色温度は、その真逆に...
カメラの「色温度」設定はどう使う?たとえばこんな使い方
写真を撮るときに「ほんの少しあたたかみをだしたい」「ちょっと冷たい感じにしたい」―そんな時に便利なのが、色温度設定です。 色温度とは色...
1/23(火)デジタル一眼のきほんがわかる教室 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、1月は「デジタル一眼 きほんのき」です。 毎回好評のどなたでもかんたん&たのしくデジタル一眼のき...