カメラを買う時は「自分に合った重さ」のものを選ぼう

カメラは「実際に持った重さ」が大切カメラは「実際に持った重さ」が大切です。

スペック上は軽量でも、実際に持ってみると「重い・・・」と感じるカメラも少なくないんですね。ある人にとっては軽いのに、別の人にとっては重いというカメラもあります。

そう、大切なのは「体感的な重さ」です。カメラを買う時は、ぜひ自分にフィットする重さのカメラを探してみましょう。

重さを知るチェックポイント

カメラの重さのチェックポイント「自分に合った重さ」のカメラをさがすのには、実際に触るのがいちばんです。

実際に触ってみる

まずはカメラを実際に触ってみましょう。持った感じの重さがわかります。持ちやすさやサイズも含めて「自分にとって軽いか重いか」をみてみましょう。

構えてみる

持った感じの重さが分かったら、次はカメラを構えてみましょう。

この時に、「構えていない姿勢→構える」という動作を何度かすると、使うときの重さがイメージしやすくなります。

あちこちにカメラをむけてみる

次はいろいろな方向にカメラを向けて構えてみましょう。上下左右、実際に撮るイメージで構えてみます

重さのバランスがわかり、より実際に使ったときの重さがイメージしやすくなります。

まとめ

このようにチェックすると、「スペック上の重さ」と「体感的な重さ」の違いがよくわかります。

カメラは「持って撮るもの」ですので、持った感覚は本当に重要です。こればかりは、数字ではわかりません。

カメラを買うときは、ぜひ実際に触ってみるようにしましょう。