第275話 エゴノキ大好き・ヤマガラさん

エゴノキにとまるヤマガラ

ヤマガラ(山雀)は、秋になると木の実を樹皮の隙間や土の中に隠して蓄える習性があるそうです。

食物の不足しがちな冬に向けて、準備をしているのですね。

この日は十数羽がエゴノキの実をついばんでいました。
(撮影時期は10月です)

エゴノキの実をくわえるヤマガラ

エゴノキは、果実を舐めるとのどを刺激してえぐい(えごい)ことから、この名前がついたのだとか。

人間にとってはおいしくない実ですが、ヤマガラは大好物のようです。

Midori

はれときどきカメラの中の人。日々、カメラを持ってまちあるきをしています。最近は塩パンにはまっています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

第272話 とんがり頭のカシラダカ
冬鳥のカシラダカ(頭高)を見かけるようになりました。 茂みの中に隠れていることが多く、なかなか写真が撮れなかったのですが、2週間くらい...
1/23(火)デジタル一眼のきほんがわかる教室 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、1月は「デジタル一眼 きほんのき」です。 毎回好評のどなたでもかんたん&たのしくデジタル一眼のき...