写真の「歩留まり(ぶどまり)」って何?

写真の「歩留まり」って何? 作例画像カメラで撮った写真に対して「歩留まり(ぶどまり)」という言葉を使うことがあります。

これは「写真の出来」をいう言葉で、主に「(自分にとっての)写真の成功率」「ピントがしっかりと合った率」といった意味で使われます。

歩留まりがいい(高い)

「納得できる写真」を撮れる率が高いことを「歩留まりがいい」「歩留まりが高い」といいます。自分にとっての成功写真が多い場合にも使われます。

たとえば「新しいカメラにしたら歩留まりがよくなった」は、「新しいカメラにしたら、納得できる写真が多く撮れるようになった」という意味です。

ピント精度のほか、描写のよさや写真全体の出来栄え、カメラの性能などを指して使われることの多い言葉です。

歩留まりが悪い(低い)

反対に、「納得できる写真」を撮れる率が低いことを「歩留まりがよくない(悪い)」「歩留まりが低い」といいます。失敗写真が多い場合にも使われます。

きっちりとピントが合っている率が低い、ブレた写真が多い、描写が甘いものが多い場合などに使われます。

まとめ

「(自分にとっての)写真の成功率」を表す言葉ですので、「しっかりと構えるようにしたら歩留まりがよくなった」といった使い方もされます。この場合は「失敗写真が減った」「ブレた写真が減った」という意味ですね。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きな鳥はカワラヒワ。

\ こちらの記事もおすすめ! /

「JPEG画像は8bit」ってどういうこと?
ふだん私たちがデジタル写真としてみている「JPEG画像」は、8bit(ビット)で形成されています。 ビットはもともとはパソコンの用語で...
1/23(火)デジタル一眼のきほんがわかる教室 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、1月は「デジタル一眼 きほんのき」です。 毎回好評のどなたでもかんたん&たのしくデジタル一眼のき...