ワイド端、テレ端って何?

ズームレンズのワイド端、テレ端 解説画像

ズームレンズのいちばん短い焦点距離を「ワイド端」、いちばん長い焦点距離を「テレ端」といいます。

端は「たん」と読みます。ワイドたん、テレたんですね。

ズームレンズって何?広角ズーム、標準ズーム、望遠ズームは何が違う?
ズームレンズとは、決まった範囲の中から好きな焦点距離を選べるレンズのことをいいます。ズームリングをまわして、焦点距離を調整します。 た...

ワイド端、テレ端の例

ズームレンズには、○mm-○mmという形で焦点距離が表示されています。

たとえば、D3400のレンズキットには「AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」というレンズが同梱されています。

この場合は

・ワイド端:18mm(27mm相当)

・テレ端:55mm(82.5mm相当)

となります。※( )内は、35mm判換算をした数字です。

ズームレンズで目一杯ひいたのがワイド端、目一杯ズームしたのがテレ端と考えるとわかりやすいでしょう。

ワイド側、テレ側

ズームレンズの広角側を「ワイド側」、望遠側を「テレ側」という場合もあります。「端」の意味も含めて使う場合もあります。

まとめ

つまり、いちばん広角側をワイド端、いちばん望遠側をテレ端というわけですね。どちらもよく使われる用語ですので知っておくと便利ですよ。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものはビスくん(駄菓子)。

\ こちらの記事もおすすめ! /

パンケーキレンズって何?
薄型のレンズのことを、「パンケーキレンズ」と呼びます。形がパンケーキ(ホットケーキ)に似ていることから、そう呼ばれるようになりました...