「光学ズーム○倍 デジタルズーム○倍」ってどういうこと?

光学ズームとデジタルズームの違い 画像

デジタルカメラをみると、光学ズームのほかに「デジタルズーム」と書かれているものがあります。

たとえば「光学ズーム40倍 デジタルズーム4倍」というような表記ですね。

「なんでズームが2つあるの?」と思う方もいるかと思います。今回は2つのズームの見方と考え方をみていきましょう。

重要なのは「光学ズーム」

カメラのズーム性能を見る時は、一般に「光学ズーム」の項目をみます。これがズーム機能のメインになります。

この倍率が大きいほど、遠くのものを大きく写すことができます。

デジタルズームはおまけ的機能

デジタルズームは、「ズーム倍率をさらにあげる」機能です。

が、画質が大きく低下するので、あくまでおまけ的な機能と考えるのが一般的です。

上の「光学ズーム40倍 デジタルズーム4倍」でしたら、通常は40倍のズームですがデジタルズームを使うと「さらに4倍」することができ、160倍になります。

あくまでオプション的な機能ですので、通常は、一定の画質を保つことができる「光学ズーム」を使用することがほとんどです。

デジタルズームだとなぜ画質が低下する?

デジタルズームは、カメラ内で「元になる画像を拡大して切り取る」機能です。

光学ズームはレンズで被写体を拡大して写しますが、こちらは「元になる画像を拡大して切り取っている」だけですので、ズームするほど画像の粗が大きくなっていきます。

そうした性質があるため、光学ズームではどうしても届かない時など、緊急用として考えるのが一般的です。

まとめ

光学ズームとデジタルズーム、2つ並んでいるとややこしいですが、まずは光学ズームに注目して考えます。

こうした性質がわかると、使いどころのイメージもしやすくなりますね。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

ズームレンズって何?広角ズーム、標準ズーム、望遠ズームは何が違う?
ズームレンズとは、決まった範囲の中から好きな焦点距離を選べるレンズのことをいいます。ズームリングをまわして、焦点距離を調整します。 た...
11/21(火)おでかけ写真教室 in フラワーパーク江南 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、11月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 パーク内を歩きながら、雑貨や花の撮影をたのし...