2020年に人気だったカメラアイテムを紹介中!

選択肢の多い時代。トータルでなんでもできるという考え方

スポンサーリンク

選択肢の多い時代

デジタル一眼は、使うレンズによって撮れる写真が大きく変わります。

写る範囲はもちろんのこと、ボケ方や描写、被写体に寄れる距離など、使うレンズによってガラリと変わります。

こうした拡張性の高さは、デジタル一眼ならではの面白さです。

……が、逆にいえば、これは使うレンズによって、できることに制限があるということでもあります。

たとえば、デジタル一眼を初めて買う方は、レンズキット(デジタル一眼とレンズがセットになったもの)を購入する方が多いかと思います。

そして、付属しているレンズで撮ってみると、「あれ?」と思う。

  • 一眼に期待していたような写真が撮れない
  • 思ったより近づけない
  • 思ったようにボケない
  • もっと遠くのものが撮れると思った

……などなど、「思っていたのと違うなあ」と感じた方も少なくないかと思います。

今でしたら、スマホのカメラがかなり進化していますので「スマホでできることができない……」と思う方もいるでしょう。

これには、「拡張してより多くのことができるようになる」「1台でなんでもできる」というコンセプトの違いもありますが、ポイントはそこでどうするかですね。

拡張性をどう考えるか

デジタル一眼で、いろいろなことをしようと思ったら、交換レンズを買うのが最もストレートな方法です。

しかし、交換レンズは高価なものも多く、興味のあるものを揃えようと思ったらなかなか大変です。特にデジタル一眼は、本体もそれなりの価格がしますので、トータルで考えるとかなりの金額になる可能性があります。

さらに昨今は、どのメーカーも新しいレンズはやたらと高価です。ちょっとした趣味やたのしみとしてカメラを使いたい方にとっては、買うのに思い切りが必要な金額のものが増えています。

また、昨今はどのカメラメーカーも、初心者向けよりも中級以上向けに力を入れ始めている傾向もみられます。

初心者にやさしくない状況になってきた……そんな感じもあります。

交換レンズ以外の選択肢

そこでわたしたちが考えるのは、今の時代をうまく使おうということです。

つまり、使い分けるんですね。

たとえば

  • なんでも撮りたいのであれば、スマホと使い分ける
  • 望遠用途であれば、望遠に強いコンデジも視野に入れてみる
  • 中古を活用する
  • 補正や加工を頑張ってみる

要は、メインのデジタル一眼でなんでもやろうとしないということです。

「交換レンズがないと難しそう。だけど、あのレンズは高すぎる……」と思ったら、別の方法で補えないかと考えてみるんですね。

たとえば、日常の写真をメインにするのであれば、スマホと使い分けられないかと考えてみる。

また、コンデジにも目をやってみるのも1つの方法です。コンデジは1台でなんでもできる上に、ユニークな性能を持っているものもあります。

あるいは、予算が限られているのであれば、その交換レンズ以外の選択肢はないかと考えてみる。

場合によっては、「中古で別のカメラ本体+中古のレンズ」を買ったほうが安価な場合があります。そう、サブ機を持つという考え方ですね。

そのほか、「ソフトによる補正や加工をがんばってみる」という考え方もあります。

これに関しては賛否があると思いますが、「私には交換レンズがない。だからこの方法で補う」という考え方であれば、十分によい方法なのではないかと思います。

今の時代、もっと気楽に撮ってもいいかも。面白い本がありますよ。

トータルで「なんでもできる」

交換レンズは高価なものも多いので、「デジタル一眼1台でなんでもできる」を目指すとかなり大変です。

カメラというと、昨今はスマホのカメラの性能が上がったことに注目されがちですが、実はコンデジもかなり進化しています。画像編集ソフトの進化も著しいですね。

デジタル一眼1台でできないことも、今はこうしたアイテムを使い分ければ、それなりに補える時代になってきたと感じます。

適材適所。カメラを使い分けるという考え方
デジタル一眼、コンデジ、スマホでそれぞれ写真を撮っていると時々、感じることがあります。 「あれ、この撮影ってスマホでも十分じゃない?」 もちろん、シーンや写真の用途にもよりますが、スマホのカメラの進化はすごいなあと感じることが多々あ...

トータルでなんでもできる、つまり、「手持ちの道具を使ってなんでもできる」というアプローチも十分にアリなのではないかと思います。