2020年に人気だったカメラアイテムを紹介中!

カメラの説明書から便利な機能を探してみよう

カメラの説明書から便利な機能を探してみよう

カメラの説明書を読むといろいろな発見があります。

カメラの説明書は、機能や操作説明がメインという印象がありますが、実は

  • カメラを使いやすくする設定
  • 便利な機能

も掲載されています。

内容は機種によって違いますが、目を通しておいて損のない情報が掲載されています。

ふだんカメラを使っていて「この操作、もうちょっと楽にできたらいいのに……」と感じるものが解消されることもあります。

というわけで今回は「カメラを使いやすくする」という観点で説明書のチェックポイントをみてみましょう。

目次をチェックしてみよう

カメラを使いやすくする設定や便利な機能を探すときは、説明書の目次をチェックしてみましょう。

ページをぱらぱらとめくりながら探すよりも、情報にスムーズにアクセスすることができます。

「メニュー」や「設定」をチェックする

目次をチェックするときは、「メニュー」や「設定」に関しての項目をみると、便利な機能や設定に関しての情報がみつけやすくなります。

たとえば、こちらはNikon D3400の説明書の目次です。

Nikon D3400 説明書

「メニュー」の項目に「撮影で使える便利な機能」があります。上の画像は、目次の一部分ですが、この下にも機能がずらっと並べられてます。

ちなみに、Nikonの説明書は専門用語が多く、言い回しもややこしいため、難解な部分が多々あります。

初心者の方は特にですが、無理に理解しようとせずに、まずはわかりやすそうなところだけ読んでいけばOKです。

では、便利な機能について。ここでは、212ページの「Fnボタンの機能」をピックアップしてみます。

Nikon D3400の説明書 Fnボタンの機能

これは、Fnボタンを押しながらコマンドダイヤルを回すと、こんなことができるようになるよという設定です。

たとえば、Fnボタンに「ISO感度設定」を割り当てたとします。

すると、Fnボタンを押しながらコマンドダイヤルを回すと、ISO感度の変更ができるようになります。

つまり、操作がダイレクトになるのですね。

ファインダーをのぞきながら、あるいはライブビュー画面をみながら設定ができるので操作が非常にスムーズになります。

ここでは、FnボタンにISO感度を設定した場合を例にしてみましたが、ほかの設定に割りあてた場合も同様です。

操作の手間を減らせるので、撮影がスムーズにしやすくなるわけですね。機種にもよりますが、説明書にはこのように撮影に便利な機能が掲載されています。

自分好みに変更する

また、操作系のカスタマイズができる機種も多くあります。

たとえばこちらは、CanonのKiss X10の説明書の目次です。

CanonのKiss X10の説明書

目次の後半まで目を通してみると、「カメラの機能を自分好みに変更する」という項目があります。

この項目をみてみると、459ページに「SETボタンの機能」というページがあります。

「よく使う機能をSETボタンに割り当てられる」ことについての解説です。

SETボタンとは、Kiss X10の背面の右下にあるボタンです。

CanonのKiss X10 説明書 各部名称

初期設定では、クイック設定画面の呼び出しになっているところを、任意の機能に割り当てられるというわけですね。

ここによく使う機能を割り当てておけば、操作がダイレクトになります。操作の手間が減り、スムーズに撮影をすすめることができます。

便利な機能を活用してみよう

ここまで紹介したように、説明書にはこうした便利な操作や機能が記載されています。初期設定のままでも撮影はできますが、こうした機能を活用すると、よりスムーズな撮影ができますよ。

撮影をしていて「もう少し操作が楽にならないかな……」と思ったときは、ぜひ説明書をチェックしてみましょう。よいヒントがみつかるかもしれませんよ。