2020年に人気だったカメラアイテムを紹介中!

色合い、コントラスト、シャープ・・・なぜ行きすぎた補正をしてしまうのか

画像編集ソフトで写真を補正していると、つい「行きすぎた補正」をしてしまうことがあります。

  • そこまでカリカリにしなくてもいいのに
  • そこまでコントラストを強くしなくてもいいのに
  • そこまで色を鮮やかにしなくてもいいのに
  • そこまでツルツルにしなくてもいいのに

いずれもつい「やってしまいがちなこと」なのですが、こうした点は、自分ではなかなか気づきにくいもの。

そこで今回は、「なぜ行きすぎた補正をしてしまうのか」について書いていきます。

なぜ行きすぎた補正をしてしまうのか

「何を補正するか」「どう補正するか」は人によって様々ですが、「行きすぎた補正」になりやすいものはおおよそパターン化できます。

  • 画面にメリハリをつけるための補正
  • インパクトを出す(人の目をひく)ための補正
  • くっきりシャープに見せるための補正
  • 画面のアラをなくすための補正

つまりほとんどの場合、表面的な「見た目」に関する項目ですね。

では、なぜ「行きすぎてしまうのか」を考えていきましょう。

「もっと」の基準

まず最初のポイントは、「もっと」の基準です。

たとえば、画面にメリハリを出したい場合のことを考えてみましょう。

わかりやすいところで

  • コントラストを強くする
  • 彩度を高くする

といった補正をしたとします。

すると、最初はそれぞれの数値を少し上げるだけでも「おお、メリハリがついた!」と喜んでいたのが、次第にそれだけでは物足りなくなってきます。

もっとメリハリをつけたほうがいいんじゃないか?」と思うようになるわけですね。

そう、ここがポイントです。

ここまでの流れをまとめてみると次のようになります。

  1. 写真データのままでは物足りないので、メリハリをつけた
  2. メリハリがついて満足していたが、次第に物足りなくなる
  3. 前に行った補正より、もっとメリハリを!

注目したいのは、「何を基準にメリハリをつけているのか」です。

「1」では、写真データを基準にメリハリをつけています。
それに対し、「3」では「前に行った補正」を基準に、それ以上のメリハリをつけようとしています。

そう、メリハリをつける基準が違っているのですね。

つまり、3では「前の補正よりも、もっと補正するぞ!」ということをしているわけですね。

これが続くと、補正がどんどんと強くなっていく――行きすぎた補正になってしまうわけです。

画像をみて考えている

では、なぜこのような現象が起こるかを考えてみましょう。

それは「画像をみて考えているから」です。

  • 画像として、もっとメリハリを出したい
  • 画像として、もっとインパクトを出したい

だから、補正が行きすぎてしまうのですね。

こうしたケースでは、次の考えがほぼ失われているのも大きなポイントです。

  • もっと現実に近づけたい
  • もっと見たままに近づけたい
  • もっとリアリティを出したい

このように考えれば、「行きすぎた補正」をする際に、なぜ「階調」を犠牲にすることを問題にしないのか、現実感が失われることを気にしないのかもみえてきます。

補正をやりすぎるとCGみたいになる、現実感がなくなる(ウソっぽくなる)のもこれが理由ですね。

表面がツルツル

画像編集ソフトは、画像内にある余計なものを消すことができます。

写真でいえば、被写体についたホコリや汚れなども、かんたんにキレイにすることができます。画面を拡大して作業をすれば、表面のアラを気がすむまで修正することもできます。

……が、こうした作業を行う際に気をつけたいのは、「キレイなことが正解とは限らない」という点です。

不要だと思った汚れやシミが、実はその被写体のリアリティを出すための重要なテクスチャーになっていることもあります。

この場合も考えたいのは、「どこに基準を置くのか」という点です。

「画像としてキレイにしよう」と考えてしまうと、「キレイだけどなんだかウソっぽい」「CGっぽいよね」という仕上がりになってしまうことがあります。

まとめ

今回は「なぜ補正が行きすぎてしまうのか」をテーマにお届けしました。

「基準をどこに置くか」という考え方は有用ですよ。よかったら参考にしてみてください。