2021年に人気だったカメラアイテムを紹介中!

クリーニング用品のセットをはじめて買う時の注意点

スポンサーリンク

前回の記事では「ケースが付属するクリーニング用品のセット」と題して、ケースについての考え方をお届けしました。

ケースが付属するクリーニング用品のセット
前回の記事では「カメラのクリーニング用品のセットを買う時の考え方」と題して、購入する際のポイントをお届けしました。 今回はその続きです。 前回の記事では 前回の記事では、カメラのクリーニング用品のセットの例として、次の3つのア...

今回はその続きです。

これまでの記事では

これまでの記事では、カメラのクリーニング用品のセットをいくつかピックアップして、考え方をお届けしてきました。

ピックアップしてきたアイテムは次の通りです。

【クリーニング用品のセット】

【ケースが付属するクリーニング用品のセット】

どのセットも必要なアイテムが厳選されており、非常に便利なセットです。

……が、こうしたセットを買う際は、前提として次のような考え方を持っておくと安心です。

セットをはじめて買う時の注意点

カメラのクリーニング用品のセットをはじめて買うときは、あらかじめ次のように考えておくと満足度が高くなります。

「あくまで入門用」という感覚を持っておく

カメラのクリーニング用品のセットはお得感があり、一見すると「これで十分」と思えます。

確かにそうしたアイテムもありますが、中には「入門用(あるいはお試し用)」的なコンセプトで構成されているセットもあります。

また、セットに入っているアイテムには、単品で販売されているものに比べて、つくりや耐久性、使用感などが劣るものもあったりします。

ですので、購入するときは、「まずは入門用として買う」といった考え方を持っておくと安心です。

商品によっては長く使えるものもあるかと思いますが、こうしたセットを買う時は次のように考えておくわけですね。

  • 基本的には入門用・お試し用と考えて買う。
  • 「長く使い続けるもの」ではなく、「いずれ買い替える」ものとして考える

それで長く使えればラッキーですし、そうでない場合も「もともと入門用として買っているので、納得がいく」というわけですね。

バラでそろえた方がトータルではお得なことも

クリーニング用品の購入を検討しているときは、必ず商品構成をチェックしてみましょう。

すると、中には「これは使わないな」というアイテムが入っていたり、「別でそろえたほうが安そうだな」というアイテムがあったりします。

消耗品の類は特にわかりやすい点ですね。

たとえばセットに綿棒が入っている場合

こうしたセットに入っている綿棒は、本数がかなり少なめです。

であれば、いずれ補充することを考えれば、「セットにわざわざ綿棒が入っている必要があるのかな?」という考えが浮かんできます。

また、「そもそもカメラのクリーニングに綿棒ってどれだけ使うんだろう?」という考えも出てきます。

つまり、

  • セットはお得にみえるが、人によっては不要と感じるアイテムが入っているかも

といったこともあり得るわけですね。

上に挙げたのは一例ですが、必ずしもセットがお得とは限らないということですね。

次回に続きます。