この1年で最も注目を集めたカメラアイテムTOP15 紹介中!

「合焦」って何?どう読む?

「合焦」って何?どう読む?合焦とは、カメラでの撮影時にピントが合うこと、またはピントの合った状態のことを言います。

合焦は「がっしょう」と読みます。「ごうしょう」という場合もありますが、現在は「がっしょう」と読むのが一般的になっています。

合焦するとどうなる?

手前の花に「合焦」 作例画像デジタルカメラの場合、シャッターを半押ししてピントが合うと、合焦マークやフォーカスポイントが点灯し、ピントが合ったことを知らせてくれます。

設定にもよりますが、「ピピッ」や「ピッ」といった音でも知らせてくれます。

カメラのピントってどこに合うの?ピントとボケの密接な関係
写真はピントの合った部分とボケた部分でできています。基本的に、ピントを合わせた1点(1つの面)以外はボケて写ります。どんなにシャープに見える写真でもそれは同じです。ピントが合うのは、カメラの撮像素子(イメージセンサー)と平行な面です。

レリーズ優先とフォーカス優先

ピントに関連する設定に「レリーズ優先」と「フォーカス優先」があります。

「レリーズ優先」はピントが合っていなくても撮影できますが、「フォーカス優先」は合焦していないと撮影できません。

タイミング重視かピント重視かで使い分けます。

まとめ

AFでピントを合わせる速さを「合焦速度」「合焦スピード」と表現するなど、「合焦」はよく使われる言葉です。「ピントが合う」ということですね。

 

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

 

\ こちらの記事もおすすめ! /

写真がもっとたのしくなる!アウトフォーカスについて知ってみよう
アウトフォーカスとは、ピント範囲からはずれてボケている部分(または状態)のことをいいます。 こうしたピントが合っていない部分もみると、写真がよりたのしくなります。 アウトフォーカスの例 上の写真では、しべにピントが合い、ま...
【受付終了しました】4/24(火)おでかけ写真教室 in フラワーパーク江南
【規定数に達しましたため、受付終了しました】 はれときどきカメラの写真教室、4月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 パーク内を歩きながら、季節の花の撮影&小物撮影をたのしみます。 初心者さんのための写真教室です ...