この1年で最も注目を集めたカメラアイテムTOP15 紹介中!

第353話 ピンクのらせん階段~ネジバナ~

草地にしゃがみこんでネジバナ(捩花)を撮影していたら、通りかかったおばあさんに何を撮っているのかと声をかけられました。

「ネジバナです」と答えると、「まあ、こんなところにネジバナが咲いていたのね。いつもこのあたりを散歩してるけど気付かなかったわ。きれいねえ」と目を細めていらっしゃいました。

ネジバナ 単焦点レンズで撮影

ネジバナは、小さな花がらせん状に咲くようすがねじれて見えることからこの名がつきました。

ねじれる方向に決まりはなく、右巻きと左巻きがあります。

ぐるぐるときれいにねじれているものもあれば、ほとんどねじれていないものもあり様々です。

 

ピンクのネジバナ 単焦点レンズで撮影

雑草扱いされることも少なくないネジバナですが、こう見えてもラン科の植物です。

小さいながらもひとつひとつがランの花のかたちをしているのがわかるでしょうか?

 

マクロレンズならもっと大きく撮れたのですが、この日は単焦点レンズしか持っていなかったことが悔やまれます(^^;)

 

 

今回の撮影に使用したカメラとレンズ

 

 

Midori

はれときどきカメラの中の人。日々、カメラを持ってまちあるきをしています。

 

\ こちらの記事もおすすめ! /

第352話 どんどん増えるトキワツユクサ
初夏になると、近所の散歩道にトキワツユクサ(常磐露草)の花が咲きはじめます。 白い小花は可憐で、咲き終わるとくるんと葉に巻きつく花柄もユニークです。 花柄(かへい)とは、1個の花と茎をつなぐ柄のことをいいます。 ...