この1年で最も注目を集めたカメラアイテムTOP15 紹介中!
はれときにっき

第25話 金魚にみえる?うさぎにみえる?リナリア

小さくてカラフルな花をたくさん咲かせるリナリアは、かわいらしいかたち。 「姫金魚草」とも呼ばれるそうで、そう言われてみると この写真もちょっぴり水槽の中の世界のようにみえてきます。 すこし薄ぼんやりとした時間帯に 水草の...
はれときにっき

第24話 ちょっぴりふしぎなかたち

こんな撮り方 写真がもっとたのしくなる!タテ構図で撮ってみよう なんだかみんなおしゃべりしているみたい。 ちょっぴりふしぎでかわいいかたち。ムスカリというなまえ。 ■item data:ムスカリ 花の写真いろいろ♪は...
はれときにっき

第23話 デイジーとてんとうむし

てんとうむしを見るたびに、なんでこんな模様で なんでこんなかたちで、なんでこんな大きさなんだろうと思います。 すべてがかわいらしく愛らしいフォルムが、ちいさい頃からずっと好きで。 今日はデイジーにとまるてんとうむしを。 ...
はれときにっき

第22話 王昭君

王昭君(おうしょうくん)という品種の椿です。 王昭くんという男の子の名前ではなく、 楊貴妃(ようきひ)・西施(せいし)・貂蝉(ちょうせん)と並ぶ 古代中国四大美人の一人から来ている名前です。 ちなみにこの中で、貂蝉だ...
カメラのきほん

写真のタイトル、こんなつけ方をしています

写真のタイトルのつけ方を実例を挙げながら解説。写真のタイトル・題名の決め方に迷った時に使える秘伝のアイデアも。
はれときにっき

第21話 おもちゃなのにイケメン

おもちゃなのにイケメン。なんだかCDのジャケットみたいなポーズをとっています。 くつのひもがほどけているのはないしょです。    ■item data:つくりがあまいおもちゃの置き物(108円)    花の写真いろいろ♪は...
はれときにっき

第20話 へんてこ色の葉っぱとか

少し色あせたようなくすんだような色合いがけっこう好きだったりします。 くっきりキレイな色もいいけれど、この葉っぱみたいなよくわからない色合いも おもしろいなあ、へんてこさがかわいらしいなあと思ったりします。 写真を撮るおも...
ねこ

第19話 アメリカン・スナイパー

デジタル一眼をおともにさんぽをしていると、 ときどき誰かの視線を感じることがあります。 今日の犯人はこのひとだったようです。 なんだかスコープをのぞいているみたい。    ■item data:草むらからこちらを凝視す...
はれときにっき

第18話 いろんな目線で

花の写真を撮るのが好きで、デジタル一眼をおともに いろいろな花をみつけては撮影しています。 人間の目線そのままで撮るのもたのしいけれど、 虫や動物の気分になって撮ってみるのもおもしろい。 考えてみると、カメラってふし...
カメラのきほん

カメラの入門書って実はむずかしい 2

今回は「カメラの入門書って実はむずかしい」の続編です。 カメラの入門書がむずかしく感じられる理由 カメラや写真の入門書がむずかしく感じられる理由の1つに「なぜその写真がいいのか」「なぜそう撮るといいのか」といった説明がとても少な...
はれときにっき

第17話 さんぽのおとも

ちょっぴりなつかしいものが好きで、デジタル一眼といっしょによく連れていきます。 おなかをおさえると、ピキューという音が出ます。 こうしたおもちゃは、1つ1つ微妙に表情が違っていて、 自分のお気に入りを探すのもたのしかったり...
はれときにっき

第16話 きっと花は咲く

暗いところ、光あるところ、ちょっぴり幻想的な色とかたち。 「きっと花は咲く」今回はそんなイメージの1枚です。    ■item data:ある日撮ったバラの写真より。    気軽に読めます♪はれときどきカメラのはれときにっ...
はれときどきカメラの写真教室

カメラの入門書って実はむずかしい

今回は「カメラの入門書って実はむずかしい」というお話です。 カメラの入門書って実はむずかしい 初心者さん向けの写真教室をやっていると「入門書を買ってみたけれど、なんだかむずかしくて」というお声をいただくことがよくあります。 ...
はれときにっき

第15話 色とかかたちとか

自然の色やかたちは実にさまざまで、おもしろいなあふしぎだなあと思いながら 写真を撮っています。 なんでこんな色になるんだろう、なんでこんなかたちをしているんだろうと 考えてみたり、調べたりするのもたのしかったりします。 ...
おしらせ

写真教室に「これは持ってきてね!」という物いろいろ

はれときどきカメラの写真教室に興味をお持ちの方で、写真教室に参加すること自体がはじめてという方もいらっしゃると思います。 今回は「これは持ってきてね!」という持ち物をお話します。   お持ちのカメラ なんといっても、これがな...
はれときにっき

第14話 想像と解釈

海外の文学が好きで、どっさりと買いこんでは、少しずつくずしています。 翻訳されたものを読んでいるわけですが、誰が訳しているかによって 同じ作品でも、印象が微妙に変わってくるのがおもしろいところです。 最近は、原作に忠実...
スポンサーリンク