2021年に人気だったカメラアイテムを紹介中!

原点となる写真を持っておく

スポンサーリンク

原点となる写真を持っておく

前回の記事では「時代とスタイル」と題して、「なんでも吸収しよう」という学び方が難しい時代になったことについてお届けしました。

時代とスタイル
前回の記事では「具体的なメニューが思い浮かぶかどうか」と題して、情報にふりまわされる原因、心が揺らいでしまう原因について考えていきました。 今回はその続きです。 前回の記事では 前回の記事では、たくさんの情報に囲まれている中で...

今回はその続きです。

前回の記事では

前回の記事では、「ひと昔前と現在」の情報量と学ぶことの関係についてお届けしました。

そこで、ひと昔前は

  • 個人が得られる情報量は限られていた
  • 情報を消化する時間が(今よりは)あった

という状況だったため、「何でも吸収しよう」という考え方もアリだったことについて書きました。

そして、情報に「メインとサブ」があるのであれば、情報が限られていた時代には「メインの情報が中心になること」「メインはメインとしての扱いになり、サブはサブとしての扱いになる」ということについてもお届けしました。

今回はその続きです。

今という時代

ひと昔前は、実際に自分ができるかどうかは別として、「なんでも吸収しよう」という考え方もアリな時代でした。

それに対し、今のように情報があふれている時代では、「いいと思ったことは何でも取り入れる」というスタイルは難しくなってきています。

自分の目指す方向性が重要に

今はひと昔前に比べて情報の量が格段に増えました。さらには情報が出てくるスピードも上がっています。

そう、もはや個人で消化できるレベルを越えてしまっているのですね。

特に今は、写真のスタイルがひと昔前よりも多様化していますので、あれもこれもと手を出そうとすると、収拾がつかなくなる可能性がでてきます。

そこで重要なのが情報を選ぶこと、いわゆる「情報を取捨選択すること」です。

それをする際の基準となるのが「自分の目指す方向性(自分の目指すスタイル)」なんですね。

それがあれば、たくさんの情報があっても

  • 自分の目指す方向性に合った情報を取り入れる
  • 自分のスタイルに生かせそうな情報を取り入れる
  • そうでない情報は見送る(あるいは保留しておく)

といったことができるわけですね。

その上、「自分の目指す方向性(自分が目指すスタイル)」が決まっているので、情報の洪水の中にいても揺らぎにくいという利点もあります。

原点となる写真を持っておこう

とはいえ、「話はわかるけれど、自分が目指す方向性がわからない」という人もいるかと思います。

そうした方の場合は、「原点となる写真」を持っておくのがおすすめです。

原点となる写真とは

  • 自分が「カメラをはじめよう」と思ったきっかけになった写真
  • 最初に「こんな写真を撮ってみたい」と思った写真

のことです。

要は、自分にとって「この趣味への入口になった写真」のことですね。

こうした写真には、多くの場合、人に「写真を撮ってみたい」と思わせる魅力があります。現に自分自身が惹きつけられた写真ですから、自分の心に響く何かを持っている写真なわけですね。

どんな写真が撮りたいかわからなくなったら、あるいは何をしたらよいのかわからなくなったら、そうした写真をみてみましょう。

おそらくそれこそが、自分にとっての芯になり、迷ったときの道しるべ、心のよりどころになるかと思います。次回に続きます。