この1年で最も注目を集めたカメラアイテムTOP15 紹介中!

【写真の撮り方】臨場感を出すアイデア

【写真の撮り方】臨場感を出すアイデア

写真をよりたのしくするアイデアに「臨場感を意識する」というものがあります。

写真は平面ですが、臨場感を意識して撮ると独特の空気感が出て、ユニークな雰囲気になります。

というわけで今回は、写真の「臨場感を出すアイデア」をお届けします。

奥に向かうラインを入れる

【写真の撮り方】臨場感を出すアイデア 奥に向かうラインを入れる

臨場感を出すのに便利なのが、写真に「奥に向かうラインを入れる」という方法です。

「手前から奥に向かう線」や「奥に向かって並んでいるもの」を入れると、写真に奥行きがでて、臨場感を演出しやすくなります。

臨場感の演出

奥行きが入ると、写真の中に距離感が生まれ、平面とは違った雰囲気になります。

シーンによっては迫力も出て、まるでその場所にいるかのような雰囲気を出すことができます。

手前に大きいものを入れる

【写真の撮り方】臨場感を出すアイデア 手前に大きいものを入れる

手前にど~んと大きいものを入れるのも、臨場感を出しやすい方法です。

「奥行き」も意識するとさらに効果的で、グッと迫ってくるような空気感を演出することができます。

写真に臨場感を出すアイデア

奥行きがわかりやすいラインを入れるのも効果的です。

メインの被写体を奥に配置する

【写真の撮り方】臨場感を出すアイデア メインの被写体を奥に配置する

メインの被写体を奥に配置する」のも臨場感を出す1つの方法です。

この場合は、極端な奥行きをつけずに、「窓越しにみている」など「○○越しにみている」というイメージで撮ると、臨場感が出しやすくなります。

写真に臨場感、ライブ感を出す

「○○越しにみている」は、いろいろなシーンで使えます。

この方法を使うときは、あまり多くの要素を入れないほうが、写真がわかりやすくなります。

ボケを使って臨場感を演出する

【写真の撮り方】臨場感を出すアイデア ボケを使って臨場感を出す

主役を際立たせるのに便利な「ボケ(ぼかして撮る)」ですが、臨場感を出すのにも使えます。

カメラはピントのあった部分がはっきりと写り、ピントからはずれた部分はぼけて写ります。具体的には、ピントがあっている部分の手前と奥がボケます。

ボケを使って写真の臨場感や空気感を出す

グッと迫ってくるような雰囲気や、まるでその世界にいるかのような雰囲気。それが「臨場感」を構成する大きな要素です。

現実の大きさに関わらず、小さなものでもその世界観を演出できるのが、カメラの面白いところです。

【写真の撮り方】臨場感を出すアイデア ボケを生かして撮る

ボケは主役を際立たせるだけでなく、臨場感もあわせて演出してくれます。

まとめ

今回は、写真の「臨場感を出すアイデア」を紹介しました。

このように「どの位置から撮るか」や「ボケ」を意識してみると、ユニークな雰囲気になります。

特に「どの位置から撮るか」は、カメラの機種に関係なく、工夫次第でいろいろな雰囲気を演出することができます。

「ボケ」も臨場感をイメージすると、よりおもしろくなります。

よかったら参考にしてみてくださいね。