2019年に人気だったカメラアイテム TOP20を紹介中!

彩度とのつきあい方

彩度とのつきあい方

写真の色を考えるときに、はずせないのが「彩度」という項目です。

彩度とは色の鮮やかさのことです。彩度が高いほど色が鮮やかにみえ、彩度が低いほど色が落ち着いてみえます。

彩度は主に次の2つの方法で調整することができます。

  • カメラ本体の「設定」から調整
  • 撮影後、画像編集ソフトで調整

彩度とは色の鮮やかさのことです。

さて、この「彩度」、実は扱いが難しい項目でもあります。というわけで今回は、「彩度とのつきあい方」と題して、彩度の性質と使いどころについてお届けします。

彩度とのつきあい方

写真の彩度を高くすると、色の鮮やかさが増します。

見栄えがよくなることから「とりあえず彩度を高くする」という方も多いかと思います。

このときに「彩度を高くすると何が起こるのか」を知っておくと、使いどころが考えやすくなります。

彩度を高くすると何が起こるのか

彩度を高くすると「色が鮮やかになる」ほかに次のようなことが起こります。

まずは視覚的な効果からみていきましょう。

  • 色にインパクトが出て、見栄えがよくなる
  • 彩度を高くするほど、色が派手にみえるようになる
  • 彩度を高くするほど、色が強くみえるようになる

これらをみると、いいことばかりなように思えます。

が、実は「彩度を高くする」というのは、色の階調を大ざっぱにする調整です。

色の滑らかな変化や中間のトーンをなくして、色の変化を極端にするわけですね。だから色がくっきりとみえたり、際立ってみえたりするのですね。

階調や中間のトーンを失うことは、たいしたことのないように思えますが、実は次のようなデメリットがあります。

  • インパクトは出るものの、色に深みがなくなり、飽きやすくなる
  • 画面が強いトーンばかりになり、落ち着かない印象になる

彩度を高くするほど、この傾向は強まっていきます。

色に深みがなくなる、ということ

彩度とのつきあい方 作例2

こちらの写真は、彩度をかなり高くして撮ったものです。

色がくっきりと強く出ており、インパクトのある写真にみえます。

が、色合いをみると非常に単調です。なぜなら、色の情報量が少ないからです。

彩度を高くして中間調のトーンをばっさりカットしているので、「空はこの色」「体はこの色」「カゲはこの色」といった感じで、色が単純になってしまっているのですね。

この写真は極端な例ですが、「彩度を高くする」ことには、こうした性質があります。

  • 「色の情報量が減る」ため、色に深みがなくなる
  • 一瞬のインパクトは出るが、飽きやすくなる

これらの点を意識すると、使いどころを考えやすくなります。

彩度についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

『彩度に頼り過ぎない』ということ。あるいは、彩度についての考え方
デジタル一眼のメニューには、「彩度」を設定できる項目があります。 彩度とは『色の鮮やかさ』のことで、それを上げるほど、写真全体の色が鮮やかになります。 彩度を上げると、実際の色よりも 華やかに見えて、明るさや彩りがプラス...

「彩度」と「自然な彩度」

画像編集ソフトには、「彩度」のほかに「自然な彩度」という項目がある場合があります。

「彩度」は全体の鮮やかさを調整する項目です。彩度を高くすると、画面全体の鮮やかさがアップします。

それに対し、「自然な彩度」は、主に画面内の「彩度の低い部分を調整する機能」です。

全体の彩度を均一に近づける調整なので、「彩度」よりも画面の色が破綻しにくい傾向があります。

両者の違いについてはこちらの記事でくわしく解説しています。

「自然な彩度」と「彩度」の違いを知ってみよう
PhotoshopやLightroomには「自然な彩度」と「彩度」という項目があります。「彩度」は、全体の色に対して同じ量だけ鮮やかさを調整する機能です。全体の鮮やかさが足りないときに使います。対して「自然な彩度」は、主に鮮やかさの不足している色を調整して、全体の鮮やかさを均一に近づける機能です。バランスよく鮮やかさを調整したいときに使います。

 

写真の色を考えるときは、色の性質を知ると面白くなります。こちらは絵画の本ですが、とても勉強になります。

まとめ

今回は「彩度とのつきあい方」と題して、彩度の考え方と使いどころについてお届けしました。

「色の情報量」という点に着目するとわかりやすいかと思います。色の情報量が少なくなると、わかりやすくなるかわりに深みがなくなるというわけですね。

そのあたりのバランスを考えながら撮ると、写真を撮るのがよりたのしくなりますよ。