第328話 ゼフィランサス・カンディダ(タマスダレ)

タマスダレ マクロレンズで撮影
夏から秋にかけて白色の花を咲かせるタマスダレ(玉簾)は、ペルー原産で明治時代初期に渡来したといわれています。

学名はゼフィランサス・カンディダ(Zephyranthes candida)といい、ゼフィランサスと呼ばれることもあります。

和名のタマスダレは、清楚な白い花を「玉」に、細長い葉が集まっているようすを「簾」に例えてつけられました。

花言葉は「清純な愛」「便りがある」などがあります。

Midori

はれときどきカメラの中の人。日々、カメラを持ってまちあるきをしています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

夏にオレンジ色の花を咲かせるノウゼンカズラ(凌霄花)は、中国原産で平安時代には渡来していたと考えられています。 花がラッパのような形を...