第335話 山茶始開(つばきはじめてひらく)

サザンカ 望遠レンズで撮影
2018年11月7日からは七十二候の第五十五候「山茶始開(つばきはじめてひらく)」です。

つばきよりもさざんかのほうが先に咲くのに・・・と思ったら、この山茶(つばき)というのは、山茶花(さざんか)をさすそうで、意味も「山茶花が咲きはじめる頃」なのだとか。

つばきとの違いは、「おしべが筒状にならない」「花びらがバラバラに散る」などがありますが、例外もあって見分けが難しいです。

Midori

はれときどきカメラの中の人。日々、カメラを持ってまちあるきをしています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

2018年9月28日からは七十二候の第四十七候「蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)」です。 「虫たちが土の中に入ってその穴をふさぐ」と...