2019年に人気だったカメラアイテム TOP20を紹介中!

【1~2万円台で買える】明るいレンズでイルミネーションを撮ろう~デジタル一眼レフ編~

イルミネーションをきれいに撮るには、開放F値が小さい明るいレンズを使うと背景を大きくぼかしたり、暗い場所での撮影もやりやすくなります。

開放F値とは

開放F値はレンズの名称をみればわかります。

「f」とあわせて書かれている数字に注目してみましょう。

  • EF50mm F1.8 STM
  • AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
  • AF-S DX NIKKOR 50mm f/1.8G
  • smc PENTAX-DA 50mmF1.8

赤字の部分がレンズの開放F値を示しており、この数字が小さいほど明るいレンズといわれます。

くわしくはこちらの記事で解説していますのでご参照ください。

明るいレンズって何?F値とレンズの明るさの関係
よく言われる「明るいレンズ」「暗いレンズ」とは何か?カメラの初心者さんにもわかりやすく解説していきます。F値とぼかしの関係も。

イルミネーション撮影におすすめのレンズ

イルミネーション撮影には、開放F値がF1.4~F2.8のレンズがおすすめです。

今回は、1~2万円台で買えるCanon・Nikon・PENTAXのデジタル一眼レフ用のレンズをセレクトしてみました。

※価格は2019年12月現在のものです。

Canon

EF50mm F1.8 STM

Nikon

AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

PENTAX

smc PENTAX-DA 50mmF1.8

イルミネーション撮影におすすめのアイテム

三脚の使用がOKな場所では、手ぶれ防止のためにカメラを三脚に固定して撮影することをおすすめします。


さらにレリーズを使えば撮影時の振動を抑えることができますよ。

レリーズ(リモートレリーズ)とリモコンについて知ってみよう
三脚を使った撮影では、できるだけカメラに振動を与えないのが基本です。 そこでよく使われるのが、レリーズ(リモートレリーズ)やリモコンです。 カメラに触れずにシャッター操作ができるので、三脚での撮影には重宝されます。 今回はレリーズ...