この1年で最も注目を集めたカメラアイテムTOP15 紹介中!

朝倉山真禅院(2)

朝倉山真禅院 三重塔と桜

前回に引き続き、朝倉山真禅院(岐阜県不破郡垂井町)のようすです。

 

朝倉山真禅院 梵鐘

こちらの梵鐘(国指定重要文化財)は奈良時代につくられたもので、岐阜県下最古といわれています。
割れるおそれがあるため普段は撞けませんが、除夜の鐘だけは参拝者が撞くことができるそうです。
重要文化財の鐘が撞けるなんてすごいことですね。

 

朝倉山真禅院 鉄塔

鐘楼のすぐそばには、北条政子が源頼朝の菩提を弔うために寄進した鉄塔があります。
中をのぞいてみましたが、暗くてシルエットしか確認できませんでした。残念・・・。

 

朝倉山真禅院 縁結びの木

境内の一角にお守りがたくさんぶら下がっている木がありました。
「縁結びの木」と呼ばれていて、お守りに五円玉を通し、良縁を願って結びつけるのだとか。

縁結びのお守りは観音堂で受けられます。
山の中の静かなお寺なので、心を落ち着けて祈願できるのではないでしょうか。

 

今回の撮影に使用したカメラとレンズ

 

 

 

 

Midori

はれときどきカメラの中の人。日々、カメラを持ってまちあるきをしています。

 

\ こちらの記事もおすすめ! /

朝倉山真禅院(1)
岐阜県不破郡垂井町にある朝倉山真禅院にお邪魔しました。 春は桜、秋は紅葉の名所として知られる古刹です。 山門をくぐると、正面に国の重要文化財に指定されている本地堂があります。 2018年に4年がかりの大修理が終わり、色鮮や...