この1年で最も注目を集めたカメラアイテムTOP15 紹介中!

おさんぽ

第340話 おだやかなホシハジロさん

川のほとりにたたずんでいるホシハジロ(星羽白)を見つけました。 赤茶色の頭に赤い目、黒い胸はオスの特徴です。 ちょうど手前を横切っていくオオバンさんも赤い目をしていますね。 以前、ホシハジロさんのメスと餌の取り...

第339話 アフリカンマリーゴールド

マリーゴールドには大きく分けて「アフリカンマリーゴールド」と「フレンチマリーゴールド」の2種類があります。 今回は、草丈が高めで花も大ぶりなアフリカンマリーゴールドを撮影しました。 マリーゴールドというと黄色やオレンジ色のイ...

第338話 秋のトウネン

トウネン(当年)はチドリ目シギ科の旅鳥です。 旅鳥とは、繁殖地と越冬地の間を往復する途中、春や秋に日本列島を通過していく鳥のことをいいます。 全長は約15cmで、スズメと同じくらいの小さな鳥です。 ...
カメラのきほん

【写真のアイデア】「質感」に注目して撮ってみよう

写真をたのしく撮る方法の1つに「質感」に注目するというものがあります。 ざらざらしていたり、やわらかそうだったり、むにっとしていたり・・・そうした「質感」に注目して撮るのがこの方法です。 質感に注目して撮ってみよう 「面白そうだな...
昆虫

第337話 赤い提督・アカタテハ

初秋のある日、懸命にフジバカマの蜜を吸うアカタテハ(赤立羽)に出会いました。 インドからオーストラリア、日本に生息する蝶で秋によく見られます。 英名は「Indian red admiral(インドの赤い提督)」。 なん...

第336話 ダンゴギク(ヘレニウム)

夏の終わりのある日、ヘレニウムの花がひしめき合うように咲いていました。 上の写真はオータムナーレという種類だと思います。 花の中心がお団子のように丸く盛り上がっているのでダンゴギクという和名がつけられたそうです。 ヘレ...

第335話 山茶始開(つばきはじめてひらく)

2018年11月7日からは七十二候の第五十五候「山茶始開(つばきはじめてひらく)」です。 つばきよりもさざんかのほうが先に咲くのに・・・と思ったら、この山茶(つばき)というのは、山茶花(さざんか)をさすそうで、意味も「山茶花が咲き...

第334話 秋のノビタキ

初秋のある日、越冬地へ渡る途中のノビタキ(野鶲)を見つけました。 夏は比較的標高の高いところにいますが、秋の渡りの時期は平地でも見かけることができます。 開けた場所で、やや背の高い草や杭などにとまっていることが多いです。 ...
はれときにっき

第333話 ノブドウの実

近所に毎年ノブドウ(野葡萄)が生える場所があります。 昨年は花が咲いたあとにすぐ除草されてしまったのですが、今年は無事に実を結んでくれました。 ブドウという名が付いていますが、このカラフルな実は残念ながら食べることはできませ...
昆虫

第332話 旅する蝶~アサギマダラ~

憧れの蝶、アサギマダラ(浅葱斑)に念願叶って会うことができました。 以前フジバカマを撮影した際にその存在を知り、ずっと撮りたいと思っていましたがなかなかチャンスがなく・・・。 2年かかってようやくご対面となりました。 ...

第331話 コサメビタキに夢中

林のなかでなんともかわいらしいコサメビタキ(小鮫鶲)さんに出会いました。 野鳥撮影をするときは、鳥にストレスを与えないように離れたところから撮影するようにしていますが、このコサメビタキさんはだんだん近づいてきて、ついに目の前まで来...

第330話 禊の花~ミソハギ~

湿地や水辺でみかけるミソハギ(禊萩)は、お盆のころに咲くのでボンバナ(盆花)、ショウリョウバナ(精霊花)とも呼ばれます。 名前の由来は、ミソギハギ(禊萩)が転じてミソハギになったとのだとか。 この花の穂を水に浸し、その水をお...

第329話 夏の終わりのアマサギ

田んぼの中にちょっと変わった色のサギがいました。アマサギです。 アマサギは夏鳥として日本に渡ってくる、全長50cmくらいの小さなサギです。 水田や農耕地で昆虫などを捕食しています。 上の写真の鳥もたんぼのまわりをゆっくり歩...

第328話 ゼフィランサス・カンディダ(タマスダレ)

夏から秋にかけて白色の花を咲かせるタマスダレ(玉簾)は、ペルー原産で明治時代初期に渡来したといわれています。 学名はゼフィランサス・カンディダ(Zephyranthes candida)といい、ゼフィランサスと呼ばれることもありま...

第327話 ひょっこりサンコウチョウ

サンコウチョウ(三光鳥)は、東南アジアなどから日本に渡ってくる夏鳥です。 ある初夏の日、木々のあいだからひょっこり顔を出しているところに遭遇しました。 くちばしとアイリングのブルーがきれいですね。 全身はこんな感じです...

第325話 花のある人生~ノウゼンカズラ~

夏にオレンジ色の花を咲かせるノウゼンカズラ(凌霄花)は、中国原産で平安時代には渡来していたと考えられています。 花がラッパのような形をしていることから、英語では「トランペット・フラワー」とも呼ばれるそうです。 ノウゼンカズラの花言葉...
スポンサーリンク