この1年で最も注目を集めたカメラアイテムTOP15 紹介中!

写真

カメラのきほん

【キレイに撮れない】暗い場所で撮りづらい理由

カメラはレンズから光を取り入れて撮影をします。 そのため、光が多い場所ほど撮りやすく、光が少なくなるほど撮りづらくなります。 「撮りづらくなる」というのは、主に シャッタースピードが遅くなる→ブレやすくなる 画面にノ...
はれときにっき

第289話 頭が白いカワウ

河原に見慣れない鳥がいたので望遠レンズを向けてみたら、カワウ(河鵜)のような顔をしていました。 ちなみに普段のカワウはこんな感じです。 なぜ頭が白いのか不思議に思って調べてみたところ、「婚姻色」だということがわかりました...
はれときにっき

つりびな小町めぐり(2)

前回に引き続き、つりびな小町めぐりです。 今回は、少し趣きを変えて落ち着いたトーンの写真でまとめてみました。 またまたつりびな越しのおひなさま。 今にも動き出しそうな表情です。 これは何の花かなあ、と見上...
はれときにっき

つりびな小町めぐり(1)

岐阜県大垣市墨俣町で開催されている「いき粋墨俣 つりびな小町めぐり」に行ってきました。 墨俣宿一帯に、このようなつりびなやおひなさまが飾られていて、町並みを散策しながら楽しむことができます。 つりびな(つるし飾り)の始まりは...
はれときにっき

第288話 逆立ちするオカヨシガモ

オカヨシガモ(丘葦鴨)は、ほかのカモに比べると地味な印象ですが、繊細な模様の羽がなかなか素敵だと思います。 左がオス、右がメスです。 オスはおしりの部分が黒いことから「黒いパンツをはいている」と例えられることもあるそうです。...
はれときにっき

第287話 新年を祝う花~フクジュソウ~

早春の花の代表「フクジュソウ(福寿草)」には、ガンジツソウ(元日草)、ツイタチソウ(朔日草)の別名があります。 新年を祝う花として用いられるためこのような別名がついたそうですが、実際に咲くのは一月ではなく二月です。 新年といって...
はれときにっき

第286話 春の訪れを告げる花~マンサク~

マンサク(満作、万作)の花が見ごろを迎えようとしています。 名前の由来は、 ・春が近づくと、ほかの花に先駆けて「まず咲く」から ・その年の「豊年満作」を祈願した花だから などの説があります。 こちらはマ...
はれときにっき

第285話 ナポレオンハットが素敵~ヨシガモ~

ヨシガモ(葦鴨)の群れを見つけました。 オスの頭は茶色と緑色。体は全体的に灰色っぽくなっています。 遠くからだと頭の緑色が目立ってマガモに似て見えますが、よく観察すると違いがわかります。 なんといっても特徴はナポレ...
はれときにっき

第283話 シックな装いのオナガガモ

今回は私のお気に入りの鳥、オナガガモ(尾長鴨)をご紹介します。 褐色の頭に白く長い首、モノトーンの羽。 名前の由来になっているシュッと伸びた長い尾羽が、この鳥のスマートさをより引き立てている気がします。 派手さはないけれど、シ...
はれときにっき

第282話 アヒルの先祖~マガモ~

緑色の頭に黄色いくちばし・・・力モ類の代表といえば、マガモ(真鴨)ではないでしょうか。 白い首輪や、くるんとカールした黒い尾羽もチャームポイントです。 実はこう見えて、マガモはアヒルの先祖です。 マガモを飼いならして家禽(...
はれときにっき

第281話 コハクチョウのバトル

越冬中のコハクチョウ(小白鳥)を撮影する機会に恵まれました。 日本に冬鳥として飛来する白鳥は「オオハクチョウ」と「コハクチョウ」の二種類です。 コハクチョウはオオハクチョウよりも小型で、くちばしの黄色い部分の面積が小さくなっ...
はれときにっき

第280話 いかつい顔のシメ

いかつい顔をしたこの鳥は、シメ(鴲)というスズメ目アトリ科の鳥です。 全長は約18cm。スズメよりひとまわり大きいくらいでしょうか。 短くて太いくちばしはとても頑丈で、かたい木の実などを噛み砕くことができます。 「...
はれときにっき

第279話 冬のたそがれ

「たそがれ」は「たそがれどき」を略したいい方です。 「たそがれ」は「黄昏」という漢字をあてますが、語源は「誰そ彼(たそかれ)」だといわれています。 薄暗く、人の顔が見分けにくいので「誰そ彼(あれは誰?)」とたずねる時分、それ...
はれときにっき

第278話 口笛のような鳴き声~ヒドリガモ~

茶色い頭にクリーム色の額がトレードマークのヒドリガモ(緋鳥鴨)は、池や川などでよく見られる冬鳥です。 顔に似合わず(?)、「ピュー、ピュー」と口笛を吹くようなかわいい声で鳴いていました。 左がオス、右がメスです。 メスは全...
はれときにっき

第276話 元気に茎を伸ばして~ストック~

公園を散策していたら、花壇でストックが元気に花を咲かせていました。 冬は背の低い植物が多いので高さのあるストックはひときわ目立ちます。 茎がまっすぐに伸びてしっかりしていることから、英語で「茎」を意味するストックという名前が...
はれときにっき

第275話 エゴノキ大好き・ヤマガラさん

ヤマガラ(山雀)は、秋になると木の実を樹皮の隙間や土の中に隠して蓄える習性があるそうです。 食物の不足しがちな冬に向けて、準備をしているのですね。 この日は十数羽がエゴノキの実をついばんでいました。 (撮影時期は10月...
スポンサーリンク