2019年に人気だったカメラアイテム TOP20を紹介中!

フィルター機能を使ってアートな写真を撮ろう

カメラのフィルター機能を使うと、写真にいろいろなフィルターの効果を加えた写真が撮影できます。

今回は富士フイルムのフィルター機能「アドバンストフィルター」を使って撮影してみました。

他のメーカーではフィルター機能に下記のような名称がつけられています。

  • キヤノン:クリエイティブフィルター
  • ニコン:スペシャルエフェクトモード
  • オリンパス:アートフィルター
  • パナソニック:クリエイティブコントロール
  • ソニー:ピクチャーエフェクト
  • ペンタックス:デジタルフィルター

アドバンストフィルターで撮影した写真

いくつかのフィルターを使用して、特殊効果を加えた写真を撮影してみました。

トイカメラ

レトロな雰囲気のあるトイカメラ風な写真に仕上がります。

トイカメラフィルター

ポップカラー

コントラストと彩度を強調します。

ポップカラーフィルター

ハイキー

全体の階調表現を明るくし、コントラストを抑えます。

ハイキーフィルター

魚眼

魚眼レンズのような効果が得られます。

魚眼フィルター

ソフトフォーカス

全体にぼかしを加え柔らかな雰囲気を与えます。

ソフトフォーカスフィルター

クロススクリーン

光源の光を放射状に強調します。

クロススクリーンフィルター

パートカラー

次は、この雪だるまのオーナメントをパートカラーというフィルターで撮影します。

アドバンストフィルターの使い方

実際は上の写真のような色をしていますが、パートカラーで特定の色だけ残してみましょう。

パートカラー(レッド)
赤色の色域だけを残し、残りをモノクロにします。

フィルター パートカラー(レッド)

パートカラー(グリーン)
緑色の色域だけを残し、残りをモノクロにします。

フィルター パートカラー(グリーン)

どのメーカーのカメラにも数種類のフィルターが用意されています。

いつもと違う写真に仕上げたい時に、試してみてはいかがでしょうか。

今回の撮影に使用したカメラ