この1年で最も注目を集めたカメラアイテムTOP15 紹介中!

カメラのきほん

カメラのきほん

【写真のアイデア】どのぐらいぼかしたらいい?ぼかし方のちょっとしたアイデア

デジタル一眼の面白さに「ぼかすこと」があります。 「ピントの合った部分はくっきり写り、そうでない部分はボケている」―デジタル一眼では、そんな写真がたのしめます。 そうして撮っていると、「どのぐらいぼかすのがいいんだろう」という疑問が...
カメラのきほん

【写真の撮り方】臨場感を出すアイデア

写真をよりたのしくするアイデアに「臨場感を意識する」というものがあります。 写真は平面ですが、臨場感を意識して撮ると独特の空気感が出て、ユニークな雰囲気になります。 というわけで今回は、写真の「臨場感を出すアイデア」をお届けします。...
カメラのきほん

【散歩写真】見映えする場所がなくてもたのしめる!散歩写真のアイデア

カメラを買うと、散歩しながら気になるものを撮る「散歩写真」にチャレンジしたくなります。 ・・・が、実際にやってみると「自分の散歩コースには、見映えがする場所がないなあ」と感じる方も多いかと思います。 そこで今回は、「見映えする場所が...
カメラのきほん

光の状態によって変わる「写真の色味」について知ってみよう

カメラで写真を撮ると、光の状態によってずいぶんと雰囲気が変わって写ります。 これは光の種類によって「色味(いろみ)」が違うためで、その性質を知ると、写真を撮るのがよりたのしくなります。 というわけで今回は、写真の「色味(いろみ)」に...
カメラのきほん

【写真の撮り方】「晴れた日の撮影」について考えてみよう

カメラは「そのときの光の状況」によって、撮れる写真の雰囲気がいろいろと変わります。 光が当たる・当たらないだけではなく、撮る場所や時間帯、季節によっても違いが出てきます。 その中から今回は「晴天時の屋外での撮影」にスポットをあてて考...
カメラのきほん

ねこを撮るときのちょっとしたコツ

屋外で撮影していると、ひょっこりとねこが姿をみせることがあります。 ゆったりと歩いていたり、マイペースでくつろいでいたり。そんなねこをみていると、つい撮りたくなる方も多いかと思います。 というわけで今回は、ねこを撮影するときのちょっ...
カメラのきほん

【初心者さんにおすすめ】テーマを決めて撮ってみよう

カメラを買ってしばらくしたら、「テーマ」を決めて撮るようにすると、写真がよりたのしくなります。 「写真のテーマ」というと、つい難しく考えてしまいますが、最初のうちは本当に気楽なものでOKです。 たとえば 赤色が好きだから...
カメラのきほん

カメラの性能と特長のはなし

先日の記事で【自分のカメラの「写り」の特長を知るためのアイデア】を紹介しました。 どのカメラにも得意なことがあり、それを見つけるために、メモを使っていろいろ考えてみようというお話でした。 今回はその続編として「カメラの性能と特長...
カメラのきほん

【写真のアイデア】「質感」に注目して撮ってみよう

写真をたのしく撮る方法の1つに「質感」に注目するというものがあります。 ざらざらしていたり、やわらかそうだったり、むにっとしていたり・・・そうした「質感」に注目して撮るのがこの方法です。 質感に注目して撮ってみよう 「面白そうだな...
カメラのきほん

【写真の撮り方】余白や間を使った写真を撮ってみよう

写真の撮り方の1つに、画面全体に要素を詰め込むのではなく、画面内に広いスペースや間(ま)ができるように撮る方法があります。 たとえば、空のスペースを広く取ったり、背景のスペースを広く取るといった方法です。 そうすることで画面全体がゆ...
カメラのきほん

写真の「明るさ」を考えてみよう

デジタル一眼は、撮るときに写真の明るさを調整できます。 今のカメラはオートのままで撮ってもキレイに撮れることが多いですが、自分で明るさを調整して撮ると、より表現の幅が広がります。 というわけで今回は「写真の明るさ」についてみていきま...
カメラのきほん

【ほんのりぼかす・大きくぼかす】ぼかしの効果

デジタル一眼は「背景をぼかして撮る」のも面白さの1つです。 ほんのりぼかす、大きくぼかすなど、レンズの種類や撮り方によって、様々なぼかし方ができます。 今回は「ぼかして撮るとどんな効果があるのか」についてみていきます。 ほんのりぼ...
カメラのきほん

「写真は引き算」ってどういう意味?その考え方を知ってみよう

写真にはいろいろな撮り方があります。 その中でも対極にあるのが、「1枚の中にたくさんの要素を詰め込んで撮る」方法と「できるだけ要素をそぎ落として撮る」方法です。 今回はその中から「できるだけ要素をそぎ落として撮る」方法についてみてい...
カメラのきほん

被写体と同じ目の高さで撮ってみよう

今回は被写体を「同じ目の高さで撮る」ことについてみていきます。同じものを撮るのでも、目の高さが変わるだけで印象がガラッと変わります。 同じ目の高さで撮る 親近感 被写体と同じ目の高さで撮ると、親近感がわいて見えやすくなります。...
カメラのきほん

これはたのしい!「奥行き」を意識して撮ってみよう

写真は平面ですが「奥行き」を意識して撮ると面白い雰囲気になります。 その中でも最もやりやすいのが「奥行きのある場所」で撮る方法です。 奥行きのある場所 写真における「奥行き」を考える時は、まず「手前」と「奥」がある場所を探します。...
カメラのきほん

時には見上げて撮ってみよう―見上げて撮る迫力と臨場感

写真にはいろいろな撮り方がありますが、「見上げて撮る」と、普通に撮るのとは違った臨場感や迫力を演出することができます。 というわけで今回は「見上げて撮る」効果や考え方についてみていきます。 見上げて撮る 被写体を見上げるようにして...
スポンサーリンク