画素数や解像度で使われる「MP」とは。1MPは何万画素のこと?

画素数、解像度で使われる「MP」とは 解説画像カメラの画素数を表すのに「MP」という表現が使われることがあります。

MPとは「メガピクセル」のことで、メガは「100万」を表します。ピクセルは「画素」のことです。

つまり、1MPなら100万画素、5MPなら500万画素、10MPなら1000万画素という意味になります。

MPを「M」と表す場合も

カメラの設定画面では、MPの「P」を省略して「M」と表す場合もあります。ただ、ここで注意が必要なのは、MPは「MB(メガバイト)」とは違うということです。

どちらも省略して「M」と表記されることがありますが、MP(メガピクセル)が画素数を表すのに対し、MB(メガバイト)は容量を表します。

指すものが違うので、MP=MBではないので注意が必要です。

ですので「M」で表記されている場合は「どちらの意味で使われているのか」を気をつける必要があります。

まとめ

カメラのメニューでは、MPは「画素数」または「解像度」という項目に、MBは保存容量に関する項目に分類されていることが多くあります。

「M」表記のみの場合は、そうした点からも、どちらの意味なのかを判断することができます。

カメラ選びをするときに、「画素数」が気になる人は多いかと思います。 「○○○○万画素」とあると、できるだけ数字が大きいほうがい...

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

よく「三脚はそれなりに高いものを買ったほうがいい」といわれます。そもそも「安い三脚」は何が違うのか、何が足りないのかみていきましょう。 ...
ミラーレス一眼用にVelbonの三脚 EX-440Nを買いました。 3~4千円台で買える三脚なので「どうかなあ」と思いましたが...
【規定数に達しましたため、受付終了しました】 はれときどきカメラの写真教室、4月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 ...