当サイトで人気のカメラアイテムはこちら!

オートモードは誰のための機能なのか

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

前回の記事では【「オートで撮る」の可能性】と題して、カメラのオートモードについての考察をお届けしました。

「オートで撮る」の可能性
前回の記事では【「オートで撮る」に求めていたもの】と題して、カメラのオートモードについて書きました。 今回はその続きです。 オートに求めていたもの 「オートで撮る(オートモード)」は、設定をカメラ任せにして撮れる機能です。 ...

今回はその続きです。

オートモードは誰のための機能なのか

今回の連載ではデジタル一眼の「オートで撮る」をテーマにお届けしています。

ここで、そもそもデジタル一眼の「オートで撮る(オートモード)」は、誰のため・何のための機能なのかを考えてみましょう。

「オートで撮る」は、カメラが「その場にあわせた最適な設定」をしてくれる機能です。そのため、ユーザーはシャッターを押すだけでOK。

いわゆる「難しい操作をしなくても、かんたんに写真が撮れますよ」という機能です。

初心者の方にとって

「シャッターを押すだけで写真が撮れる」ということから、まずターゲットとなるのは初心者の方でしょう。

たとえばデジタル一眼を買ったばかりで

  • どのモードで撮ったらいいのかよくわからない
  • デジタル一眼の設定(何をどうしたらいいのか)がよくわからない
  • とりあえず撮ってみたい

といった方は、まずはオートモードで撮ってみることが多いでしょう。

また、初心者の方の中には「説明書を読んだけれど、なんだかややこしいな」と思い、デジタル一眼の購入以来、ずっとオートモードで撮り続けている方もいるでしょう。

設定をしなくても撮れる「かんたんさ」――これは初心者の方にとって大きなポイントでしょう。

経験者の方にとって

「オートで撮る(オートモード)」は、初心者以外の方でも使うことがあります。

たとえば、デジタル一眼の経験者の方が試し撮りをするようなケース。

「このカメラはどんな使い心地なのだろう」と、とりあえずオートで撮ってみる――といった感じの使い方ですね。

そのカメラの性質を知るために、あるいはエンジンのテイストを知るために、まずはオートで……というわけですね。

また、単に記録目的などの用途で手っ取り早く撮りたい時にもオートモードを使うことがあります。「特にキレイじゃなくても、何が写っているかわかればいい」というような時ですね。

わざわざ設定をしなくてもシャッターを押すだけで撮れるので、非常にスピーディーです。

そのほか、大きな失敗を避けたい時にもオートモードを使うことがあります。たとえば自分の設定に確信が持てない時などですね。

こうした場合は、オートモードで何枚か撮っておくと、もしもの場合の保険になります。

そう、経験者の方にとってもオートモードの

  • 設定をしなくても撮れる「かんたんさ」
  • カメラが最適と判断した設定をしてくれる

といった性質が役立つことがあるのですね。

次回に続きます。