【キレイに撮れない】暗い場所で撮りづらい理由

【キレイに撮れない】暗い場所で撮りづらい理由

カメラはレンズから光を取り入れて撮影をします。

そのため、光が多い場所ほど撮りやすく、光が少なくなるほど撮りづらくなります。

「撮りづらくなる」というのは、主に

  • シャッタースピードが遅くなる→ブレやすくなる
  • 画面にノイズ(ざらつき)が出やすくなる→キレイに撮りにくくなる

といった点がそれにあたります。

くわしくみていきましょう。

暗い場所で撮りづらい理由

暗い場所は、光が少ないため、カメラが十分な光の量を集めるまでに時間がかかります

それで、シャッターを切るまでに時間がかかってしまうのですね。「シャッタースピードが遅くなる」のはそのためです。

ここで出てくる最初の問題は「ブレやすくなる」という点です。

シャッターが切れるまでの間に、カメラが動くと写真がブレてしまうんですね。

暗くなるほど「光を集めるのに時間がかかる→シャッタースピードが遅くなる→ブレやすくなる」ので、撮る際に注意が必要になってきます。

対処法

この場合の対策としては、次の3つの方法があります。

  • ISO感度を上げる
  • カメラを固定する
  • 高感度に強いカメラを使う

といった方法で対処していきます。

ISO感度を上げる

最もかんたんなのは「ISO感度を上げる」方法です。

ISO感度を上げるとシャッタースピードを上げることができ、ブレを防ぎやすくなります。

ISO感度を上げる

・・・が、ISO感度を上げるのはほどほどならいいのですが、上げすぎると画像が荒れやすくなるというデメリットがあります。

「画像が荒れる」というのは、画面にざらつきが出る・粒子が粗くみえるといった状態です。これらが目立つようになると、写真がキレイにみえにくくなります。

カメラの設定の中で、むずかしいと感じる方が多い項目に「ISO感度」があります。 どう設定していいのか、どんな効果があるのかわかりにくい...

カメラを固定する

次に「カメラを固定する」という方法です。最もやりやすいのは、三脚を使う方法です。

三脚はがっしりとしたものほど、振動の影響を受けにくくなり、ブレにくくなります。

手持ち撮影に比べると機動力では劣りますが、暗所での撮影に最もおすすめできる方法です。

暗所での撮影 三脚

ISO感度を上げて手持ちで撮るよりも、「ISO感度を上げずに三脚を使う」ほうがブレや画質の低下を気にすることなく撮ることができます。

はれときどきカメラの、三脚・一脚の記事をまとめてみました。 三脚・一脚に関連した記事はここでチェックできます。 知っておきた...

高感度に強いカメラを使う

3つめは、高感度に強いカメラを使う方法です。

高感度に強いカメラは、「ISO感度を上げても画質が荒れにくい」のが強みです。

つまり、ISO感度を上げると「シャッタースピードが上がってブレにくくなる」のにプラスして「画質が荒れにくい」んですね。

高感度に強いカメラを使う

暗所でもディティールを損なうことなく撮ることができます。

デメリットは「機種による」というところで、これに関しては「新しいカメラほど高感度に強くなる」傾向があります。

実はデジタルになって最も進化している部分ともいえます。

新しいカメラが出ると、「高感度に強い」「高感度撮影に強い」という言葉がよく聞かれます。 言葉だけ聞くとむずかしいイメージですが、意味は...

おしまいに

今回はカメラにおける光について、暗い場所で撮りづらい理由についてでした。

手軽にできる順としては「ISO感度を上げる→三脚を使う→高感度に強いカメラを探す」です。

よかったら参考にしてみてくださいね。