第321話 飛ぶ鳥のように~ラークスパー~

ラークスパー 単焦点レンズで撮影
ほっそりした茎にたくさんの花を咲かせるラークスパー

花の色は、白色や青紫色、ピンクなどがあります。

花のかたちを飛ぶ鳥に見立てて、ヒエンソウ(飛燕草)チドリソウ(千鳥草)とも呼ばれるそうです。

ラークスパー マイクロフォーサーズで撮影
みなさんに「ツバメとチドリ、どちらに見えますか?」と問いかけたいところですが、ピンクの花の場合はどちらにもあてはまらないような気がします。

青紫ならツバメ、白ならチドリに見えるかもしれませんね。

Midori

はれときどきカメラの中の人。日々、カメラを持ってまちあるきをしています。最近は塩パンにはまっています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

クフェアはメキシコ原産の低木で、メキシコハコヤナギとも呼ばれています。 250以上の品種があるなかで、よく見かけるのは写真のクフェ...