第309話 雪山のような白さ~シャスタデージー~

シャスタデージー X-A3で撮影
初夏に純白の花を咲かせるシャスタデージー(シャスターデージー)は、日本のハマギクとフランスギクなどを交配してつくられた花です。

花の白さを、万年雪に覆われたカリフォルニアのシャスタ山にたとえて名づけられました。

私はマーガレットと間違えていたのですが、葉のかたちで見分けがつくそうです。

シャスタデージーの葉は長い楕円形、マーガレットの葉には深い切れ込みが入っています。

花言葉は「すべてを耐え忍ぶ」です。

Midori

はれときどきカメラの中の人。日々、カメラを持ってまちあるきをしています。最近は塩パンにはまっています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

ナガミヒナゲシ(長実雛芥子、長実雛罌粟)は、道端や空き地などでオレンジ色の花を咲かせるケシの花の仲間です。 「実が長いヒナゲシ...
【規定数に達しましたため、受付終了しました】 はれときどきカメラの写真教室、4月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 ...