「高感度に強い」「高感度撮影に強い」カメラはどう探す?

「高感度に強い」「高感度撮影に強い」カメラはどう探す? 作例画像

新しいカメラが出ると、「高感度に強い」「高感度撮影に強い」という言葉がよく聞かれます。

言葉だけ聞くとむずかしいイメージですが、意味はかんたん、「暗い場所でも撮影がしやすい」ことです。

カメラの「高感度に強い」とは、暗い場所でも撮りやすいということ

具体的にいうと、次のような特性があります。

高感度に強いとどうなる?

暗いところでも、手ぶれしにくい

暗いところでも、ノイズが出にくい

暗いところでも、写真が汚くなりにくい

だから暗いところでも撮りやすい、それが高感度(撮影)に強いカメラです。

「暗いところ」と「高感度」の関係

「高感度(撮影)に強いカメラは、暗いところで撮りやすい。では、どんな場所が「暗いところ」にあたるのかみていきましょう。

たとえば、こんな場所が「暗いところ」です。

  • 部屋の中
  • お店の中
  • 体育館など施設の中
  • 明かりの少ない場所

カメラにとって、太陽光があたらない場所やあたりにくい場所は「暗いところ」になります。

カメラにとって、暗いところとは。高感度との関係

カメラは基本的に「暗いところ」に弱く、そこではブレやすい・ノイズが出やすい・写真が汚くなりやすいといったことが起こります。

つまり、室内やお店の中、光の少ない場所ではキレイに撮れないのですね。

でも、それでは困りますよね。家の中やお店、屋内のイベントなど、いろいろな場所で撮れなくなってしまいます。

それでどのメーカーも「高感度が強く」なるように頑張っているんですね。

高感度に強いカメラはどう探す?

今は入門機でも高感度に強いものが増えてきましたが、こだわって探すのあれば次の点に注意して探してみましょう。

ISO感度に注目する

デジタル一眼では「ISO感度」をみて、感度の強さをチェックします。

ISO感度の上限をみよう 画像

うしろの数字が大きいほど、高感度に強いカメラと考えます。

たとえば、次の2つをみてみましょう。

  • ISO100~6400
  • ISO100~51200

2番目のほうがうしろの数字が大きいですよね。

数字に余裕があるほうがキレイに撮れます

高感度に余裕があるほうが、同じISO感度でもキレイに撮れます

ISO感度は上の数字に余裕があるほど、暗いところでもキレイに撮りやすくなります。

たとえば、先ほど例に挙げたカメラで「ISO3200」で撮るとしましょう。

どちらのカメラでも撮ることができますが、数字に余裕があるカメラのほうがキレイに撮れます。

「それだけ余力がある」と考えるとわかりやすいですね。

ISO感度の上限の考え方

ISO感度は上げていくにつれて、写真にノイズが増えてくる性質があります。

たとえば「ISO 100~51200」となっている機種でも、MAXまで上げると、かなりノイズが目立つようになります。

つまり、実際に「キレイな写真」として使えるのは、2つぐらい手前の12800ぐらい(場合によってはもっと手前)までなんですね。

つまり、上限の数字は「MAXまで使える」というよりも、

  • 上限がここまであるなら、ISO12800ぐらいまでなら実用できるかな?
  • ISO 6400あたりまでなら、ノイズがほとんど目立たないかな?

という目安として考えます。

数字に余裕があるほうがいいのは、これが理由です。

ISO感度に興味のある方はこちらの記事もおすすめです。

デジタル一眼は、機種ごとにISO感度がきまっています。 が、カメラの設定をいじっていると、もっと広く設定できることに気づきます。 こ...

まとめ

画像の荒れについては、実際はISO感度の幅だけでなく、イメージセンサーや画像処理エンジンとのバランスによっても変わってきます。

あくまで目安ですが、これを知っておくと、高感度に強いカメラを見つけやすくなりますよ。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

デジタル一眼は、機種ごとにISO感度がきまっています。 が、カメラの設定をいじっていると、もっと広く設定できることに気づきます。 こ...
【規定数に達しましたため、受付終了しました】 はれときどきカメラの写真教室、4月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 ...