この1年で最も注目を集めたカメラアイテムTOP15 紹介中!

朝倉山真禅院(1)

朝倉山真禅院にて

岐阜県不破郡垂井町にある朝倉山真禅院にお邪魔しました。
春は桜、秋は紅葉の名所として知られる古刹です。

 

朝倉山真禅院 本地堂

山門をくぐると、正面に国の重要文化財に指定されている本地堂があります。
2018年に4年がかりの大修理が終わり、色鮮やかによみがえっていました。

 

朝倉山真禅院 三重塔

同じく国の重要文化財である三重塔は、寛永20年(1643年)に再建されたもの。

 

朝倉山真禅院 観音堂

本地堂の北隣にある観音堂。
ご本尊の十一面観世音菩薩様は秘仏のため、公開は10年に1度となっています。
次回のご開帳は2020年4月18日の予定だそうです。

 

朝倉山真禅院 賓頭盧尊者像

こちらはお堂の前に置かれていた賓頭盧(びんずる)尊者像です。

傍らにこのような説明書きがありました。

びんずる尊者
お釈迦さまの弟子で、十六羅漢の筆頭と称され、神通力が大変強い方でした。
人々の病気を治し、願い事を叶えることを心がけられ、撫でると徐病の功徳があるとされ、自分の体の痛いところと同じところを撫でると怪我や病気が治ると言われています。

きっとたくさんの方が願いを込めて撫でているのでしょう。やさしいお顔がテカテカに光っていらっしゃいました。

次回に続きます。

 

今回の撮影に使用したカメラとレンズ

 

 

 

 

Midori

はれときどきカメラの中の人。日々、カメラを持ってまちあるきをしています。

 

\ こちらの記事もおすすめ! /

水の都おおがき舟下り
今回は岐阜県大垣市の「水の都おおがき舟下り」に行ってきました。 水の都おおがき舟下りとは 街中を流れる水門川を舟で下りながら、ゆったりお花見を楽しむことができるイベントです。 こちらは下船場となっている船町港跡です。 水門川...