第278話 口笛のような鳴き声~ヒドリガモ~

岸で休むヒドリガモ 岐阜
茶色い頭にクリーム色の額がトレードマークのヒドリガモ(緋鳥鴨)は、池や川などでよく見られる冬鳥です。
顔に似合わず(?)、「ピュー、ピュー」と口笛を吹くようなかわいい声で鳴いていました。

つがいのヒドリガモ
左がオス、右がメスです。
メスは全体的に茶色っぽく、ほかのカモ類のメスとよく似ていますが、くちばしの色で見分けることができます。
オスメスともに、くちばしは灰色で先が黒くなっています。

陸で草を食べるヒドリガモ
上の写真は、夕方に川岸で草を食べている群れを撮影したものです。
ヒドリガモは水面に浮かぶ植物の種などを食べたり、陸に上がって草を食べたりします。

Midori

はれときどきカメラの中の人。日々、カメラを持ってまちあるきをしています。最近は塩パンにはまっています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

ヤマガラ(山雀)は、秋になると木の実を樹皮の隙間や土の中に隠して蓄える習性があるそうです。 食物の不足しがちな冬に向けて、準備...
【規定数に達しましたため、受付終了しました】 はれときどきカメラの写真教室、4月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 ...