第152話 ナルシストの語源~水仙~

水仙 ミラーレス一眼で撮影 岐阜
雪が舞うころから、けなげに咲き続けている花がありました。スイセン(水仙)です。
スイセンにはたくさんの種類がありますが、写真の花は「ニホンズイセン(日本水仙)」と呼ばれるものです。

水仙とは

原産地は地中海沿岸で、中国を経て日本に渡来したといわれています。
色やかたちはさまざまで、1万以上の品種があるそうです。
6枚の花びらがあるように見えますが、内側の3枚だけが花びらで、外側の3枚は萼(がく)です。
中心にあるラッパ状の部分は「副花冠(ふくかかん)」といいます。

水仙の花言葉

水仙の花言葉「自己愛」「うぬぼれ」は、ギリシア神話に登場する美少年・ナルキッソスに由来します。

ナルキッソスは、泉に映った自分のすがたに恋をする。寝食を忘れ何日も水の中の自分を見つめ続けた彼はやつれ果て、ついに死んでしまう。(泉に落ちて死んだという説もある)
その場所に咲いていたのが水仙の花だった。

このナルキッソスのエピソードは、自己陶酔型の人や、うぬぼれ屋を意味する「ナルシスト」の語源にもなっています。

Midori

はれときどきカメラの中の人。日々、カメラを持ってまちあるきをしています。好きなものはモンブランとミルクティー。最近は、玉子酒にはまっています。風邪じゃなくても飲みたい。

\ こちらの記事もおすすめ! /

第113話 秋の野菊の代表~ノコンギク~
デジタル一眼をおともにおさんぽ写真を紹介する「はれときにっき」、今回は、ノコンギク(野紺菊)です。 ノコンギクとは ノコンギクは、一...
10/24(火)おでかけ写真教室 in フラワーパーク江南 ただいま参加受付中です
はれときどきカメラの写真教室、10月も愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 パーク内を歩きながら、季節の花の撮影&小物撮...