この1年で最も注目を集めたカメラアイテムTOP15 紹介中!

第362話 天上に咲く花のように~彼岸花~

土手に咲く彼岸花

今年も彼岸花が田んぼの畔や土手を赤く染めています。

秋のお彼岸の頃に咲くのでヒガンバナという名前がつけられていますが、暑い日が続いたせいか私が住む地域では9月末に見頃を迎えました。

お寺の境内や墓地によく咲いていることもあり、幽霊花、地獄花、死人花など不吉な異名が多い彼岸花。

子供の頃「縁起が悪い花だから摘んではいけない」と大人に言われて残念に思った記憶があります。

ほかにもたくさんの別名がありますが、最もポピュラーなのは曼珠沙華でしょうか。

彼岸花 XF35mmF2R で撮影

曼珠沙華とはサンスクリット語で「天上に咲く花」という意味なのだとか。

彼岸花は”暗い日陰にひっそり咲く花”というイメージが強かったのですが、今回は秋晴れの日に撮影できたので、青空をバックに明るいイメージで撮影してみました。

 

今回の撮影に使用したカメラとレンズ

 

 

Midori

はれときどきカメラの中の人。日々、カメラを持ってまちあるきをしています。

 

\ こちらの記事もおすすめ! /

第361話 真っ赤な絵筆~カカリア~
今回は赤い花火のようなカカリアを撮影しました。 キク科の植物で、1.5センチほどの小さな花を咲かせます。 花の色は赤、オレンジ、黄色、ピンク、青など。 青色は珍しいため、園芸店ですぐに売り切れてしまうと聞いたことがあります。 花...