第293話 トサミズキとヒュウガミズキ

トサミズキ 単焦点レンズで撮影
トサミズキ(土佐水木)は、釣り鐘状の黄色い花が枝からぶら下がって咲きます。
土佐(高知県)の山地に自生するのでこの名前がつけられました。

トサミズキ ミラーレス一眼で撮影
下から見上げて花の中を覗いてみました。暗い紅色のが黄色の花によく映えて目を引きます。

葯(やく)とは
雄しべの先の、花粉が入った袋のことをいいます。

ヒュウガミズキ 単焦点レンズで撮影
こちらはよく似ているヒュウガミズキ(日向水木)。やや小型で、葯が黄色なので見分けがつきます。
トサミズキよりもやさしげな雰囲気ですね。

\ こちらの記事もおすすめ! /

今回は、道端に人知れず咲く野の花たちを撮影しました。 まだ寒いうちから春の訪れを知らせてくれた、水色の小さな花はオオイヌノフグリです。...
【規定数に達しましたため、受付終了しました】 はれときどきカメラの写真教室、4月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 ...