第297話 馬が酔っぱらう?~アセビ~

アセビ 単焦点レンズで撮影
アセビ(馬酔木)が、小さなベルのような花をたわわに咲かせていました。

今回はピンク色のアセビを撮影しましたが、白い花のほうがおなじみでしょうか。

こんな可隣な花に似合わず、アセビは強い毒をもっています。

馬が誤って食べると毒にあたって酔ったようにふらつくことから「馬酔木」という漢字が使われているそうです。

古くから親しまれている花木で、万葉集にはアセビが登場する歌が十首も詠まれています。

Midori

はれときどきカメラの中の人。日々、カメラを持ってまちあるきをしています。最近は塩パンにはまっています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

秋に赤い実をつけていたサンシュユ(山茱萸)が、春になって花を咲かせました。 小さな黄色の花が枝先にかたまって咲き、木全...
【規定数に達しましたため、受付終了しました】 はれときどきカメラの写真教室、4月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 ...